呪術廻戦

【呪術廻戦】179話のネタバレ【三者同時の領域展開発動がとんでもない事態に・・・】

呪術廻戦179話の要約と注目ポイントをまとめています。179話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦179話のネタバレ

烏鷺・乙骨・石流が同時に領域展開を発動する。主導権を乙骨に譲らないため、「リカを結界内に入れない」という石流と烏鷺の利害が一致する。直前石流に20m強殴り飛ばされたリカは結界の構築に間に合わない。だが、リカに遺された折本里香の遺志がそれを許さない。リカのギアがさらに一段階上がる。その時、黒沐死が現れた。

結界の外では強化された蜚蠊がリカの注意を引いている。黒沐死は休眠前に単為生殖を成し遂げていた。親が祓われ、子に再び日本中の畏怖の呪力が注がれる。泳者としての黒沐死は死んでも呪霊としての黒沐死はいまだ健在していた。

二者以上に煩雑な領域の三者間相殺、各々の結界構築時の対内条件と対外条件の相違、予定外の侵入者によって結界が崩壊した。

烏鷺の意識が相性の悪い黒沐死に割かれているのを乙骨は見逃さず、背後から蹴りを入れ吹き飛ばす。烏鷺が術式を発動しようとするが、領域展開直後は術式が焼き切れ使うことができなかった。黒沐死の攻撃を浴び腕を吹き飛ばされた。

腕を失った烏鷺は「藤原ァ」とブチギレる。

石流の術式は呪力の放出。術式を使用してもしなくても同等の攻撃が可能な唯一の術師だった。グラニテブラストでこの場には立つにはふさわしくないと烏鷺と黒沐死を吹き飛ばす。

乙骨が黒沐死にとどめを刺し、石流とタイマンで対峙する。乙骨の術式はいまだ回復していない。

<<前の話 179話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。