呪術廻戦

【呪術廻戦】177話のネタバレ【ついに乙骨がリカを呼び出す】

呪術廻戦177話の要約と注目ポイントをまとめています。177話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦177話のネタバレ

乙骨と対峙する石流が「俺の一度目の人生は腹八分目ってとこだった」「正直が悔いが残るかって言われるとそうでもねぇ」「こういう漠然とした渇きっていうのは厄介だぜ」「俺の人生にはデザートがなかった」と語り肉弾戦を仕掛けていく。

乙骨は石流の高い出力とそれを出すまでの呪力の瞬発力、そしてキレの鋭さを感じちゃんとガードしないと僕でもダメージを受けると感じていた。石流も乙骨の呪力の総量に裏づけられたタフネスさを感じており、「バカデカい水槽をノックしているようだ」と形容する。石流が乙骨を吹っ飛ばしていく。

石流が追走し「グラニテブラスト」を繰り出すと、乙骨は素手で弾いていく。

乙骨が殴りかかるが、石流は呪力を放出し逆に吹っ飛ばしていった。

吹っ飛んできたところを烏鷺が「宇守羅彈」で追撃する。

邪魔されてブチギレた石流が烏鷺に呪力を放つが、烏鷺は空間を歪めて石流に跳ね返していった。

立ち上がる乙骨を見て石流は反転術式は厄介だが呪力の消費が半端じゃない、黒沐死・烏鷺・自分の決め技を何度も受けてその度に使っていたと気づいていた。乙骨の底が見え始め、石流が「オマエじゃなかったのか」とガッカリし始めていく。

追い詰められた乙骨はついにリカを呼び出していく。

<<前の話 177話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。