呪術廻戦

【呪術廻戦】174話のネタバレ【黒沐死VS乙骨となり魔剣「爛生刀」を手に取る】

呪術廻戦174話の要約と注目ポイントをまとめています。174話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦174話のネタバレ

174話の要約

黒沐死

石流と烏鷺がドゥルヴがやられたことに気づき、両者「黒沐死が動く」と確信していた。

ドゥルヴを倒した乙骨は大量のゴキブリに襲われる人間を救出するも、その人間はすでにゴキブリの群れに下半身を食われ死亡していた。

ゴキブリの襲撃を受ける乙骨は

  • ゴキブリが本物であること
  • 一匹一匹に呪力が宿り強化されていること

に気づき、単体ではどうということはないが、群れで動かれると脅威になると感じていく。乙骨は里香との連携でゴキブリの群れを始末していった。

乙骨の戦いを遠くから見る石流と烏鷺は乙骨の呪力の総量に底知れなさを感じていく。

黒沐死が乙骨の前に現れる。黒沐死はドルゥヴ・ラクダワラとの相性を悪いと見るや否や、ドッルヴのコロニー内での生存を休眠導入条件として眠っていた。無限の食欲を持ち、食べただけ単為生殖を行う黒沐死。覚醒直後の飢餓状態である黒沐死は、乙骨を本能のまま貪り喰うことを決める。

乙骨は

  • ドルゥヴや黒沐死のように攻撃範囲が広く、無差別に人間を襲う泳者を結界の外に出すわけにはいかない
  • 伏黒が提案した2つのルールの追加
  • 「連絡手段の確立」と「コロニーの出入り」のルールの追加
  • 五条に二度も親友を殺させないために羂索を自身が殺す
  • 自分一人で400点獲る

ということを決めていく。

黒沐死は「爛生刀」(生と死の交雑する魔剣)を手に取っていく。





174話の注目ポイント

爛生刀の能力

注目すべきは黒沐死が持ち出した爛生刀の能力ですよね。呪具っぽいですが、特級呪具とかになってくるんですかね??だとしたら何かしらの能力が備わっているのが確定です。

爛生刀について現在判明している情報は「生と死の交雑する魔剣」ということ。意味不明ですねww

気になるのが断面に目がついていることなんですよね。

黒沐死自身にも大量の目がついています。

もしかするとこの目という共通点が爛生刀の能力に関わっているのかも。ただのデザインな気も大いにしますがwこの情報量だと爛生刀の能力を予想するのは難しいですが、能力が明かされる時はそう遠くないと思いますので、連載を楽しみにしていきたいところです。

<<前の話 174話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。