呪術廻戦

【呪術廻戦】171話のネタバレ【伏黒とレジィの戦いが凄まじすぎる】

呪術廻戦171話のネタバレを掲載しています。171話では、領域を発動させた伏黒がレジィを追い詰める。が、レジィは領域の弱点を見抜き、領域を攻略していく!?呪術廻戦171話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦171話のネタバレ

伏黒が領域展開「嵌合暗翳庭」を繰り出す。

レジィは奥義「彌虚葛籠」で応戦した。

「彌虚葛籠」。シン・陰流「簡易領域」の原型であり、領域を中和し必中効果を打ち消す性能を持つ。

が、レジィは蝦蟇によって足を取られていた。

渋谷で漏瑚や花御が見せた「展延」は必中必殺の術式を搭載できるだけの領域にあえて術式を付与しないことで容量を空け、五条の術式を流し込ませ無下限を中和した。「彌虚葛籠」や「簡易領域」は術式そのものを中和することはできない。これらは術式の付与された結界を中和することで、付与された術式の必中効果を無効化している。

伏黒の領域は未完成。体育館のスペースを自らの領域として転用することで無理矢理閉ざされた結界には、必中の術式は付与されておらず、「嵌合暗翳庭」は現時点で十種影法術を拡張し、潜在能力を120%引き出すためのものにすぎない。だが、その半可がレジィ・スターの虚を突いた。

伏黒が「薄ら笑いが消えてるぞ」と煽ると、レジィは「ガキが、何を勝った気」と返すが、伏黒のラッシュを浴びる。

レジィが武器を具現化させ応戦しようとするが、影の中から伏黒に足をつかまれ、影の分身とともに襲われる。

レジィがボコボコにやられながら「成程、この分身も式神も俺に当たる前から実体があった」「つまり、この結界は必中の術式は付与されていない」「領域による術式性能の上昇が半端じゃないな、単純な必中領域より余程やりづらい」「領域で「満象」を出され水責めで畳み掛けられたら俺の手数は半減し敗色濃厚」と考えながらも「でも、そうはならないのが俺って感じだよなぁ」とレシートを放っていく。

伏黒が「あのレシート、剥がれ落ちたんじゃない、意図的に放ったのか」と気づき鵺で迎撃させようとするが、レジィは「遅い」と3台の車を具現化させる。

レジィが「やっぱりね、さっきから足場にさ、呪力強化してないと吸い込まれそうになってたんだ」「この領域の下は全部、君の影なんだろ?」「物を出し入れ、自分を出し入れ便利だねぇ、でも1つ気になっていた」「武具のストックが少ない、俺はまだちんけな呪具一つしか見てない」「キャパが少なくて自分一人分の空きを常に確保しておく必要があるのか、それか影に格納した物の重さを自身で引き受けなきゃならないか」「後者でビンゴ、領域の仕様を逆手に取っちゃったよん」「乗用車3台分、君の今の重さはざっと2.4t」「分身は耐えられなかったみたいだけど、式神はまだ出せるのかなぁ」「どうあれ俺は足下に気をつけながら君が自重で潰れるまで重さを足し続ける」と伏黒の領域を攻略していくと、伏黒は「抜けてるんじゃないか?」「未完成でも領域は領域、上も、影だ」と上から満象を呼び寄せ「どっちさが先に潰れるかな、レジィ」と言い放つ。

<<前の話 171話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。