呪術廻戦

【呪術廻戦】168話のネタバレ【伏黒が針千釣を殺害】

呪術廻戦168話のネタバレを掲載しています。168話では、伏黒がレジィ一味との戦いに巻き込まれる。伏黒が窮地に立たされると、術師となった芸人髙羽が駆けつけていく。呪術廻戦168話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦168話のネタバレ

クズ人間

上から目玉が降ってくると爆発が起こる。

レジィが「ちょっとぉ、俺もいるんだどぉ」と言うと、黄櫨が「死んだ?」と返す。

伏黒はなんとか爆発から逃れていた。

麗美が髪で伏黒に攻撃を仕掛けるが、伏黒は躱して押さえつけ「いいんだな」と確認する。

黄櫨が上から降りてくると、レジィがレシートを飛ばしてきていた。

伏黒が防ぐが「この臭い、ガソリンか」と気づき、黄櫨が歯を飛ばしてきて大爆発が起こる。

レジィが「終わった?」と隠れていた部屋から出てくると、黄櫨が「まだだ、レジィと同じ爆発直前に部屋ん中逃げ込んだ」と返し、レジィは「やるねぇ」「でも、結構削れたんじゃない?」と言う。

なんとか部屋に逃げ込んだ伏黒が「これで分かったろ、アイツらオマエを守る気なんてないぞ」「分かったらとっとと失せろ」とフラつきながら歩き出すと、麗美が髪を刺してきたので伏黒は「オマエ、大概にしろよ」と怒りを見せる。

麗美が「じゃあ言ってよ、レジィ様は言ってくれたもん」「私を守るって、私を好きって」「言ってよぉ」と叫ぶと、伏黒は「たまにいるよ、オマエみたいに行動じゃなく口先が全てのクズ人間」と吐き捨てる。





ダメージ0だぜぇ

そこに「さっきはどぉもぉ〜」「ってもうボロボロじゃねぇか」「ここまで這い上がるのも楽じゃねぇんだよ」と伏黒が下に落とした針千釣が現れ、伏黒は「階段使えよ原始人」と返しながら「4対1、流石にキツいな」「だが、なんとしてもコイツらの持ち点を確保しておきた」と考えていた。

すると、コガネが「泳者による死滅回遊へのルール追加が行われました」「〈総則〉10、泳者は他泳者に任意の得点を譲渡することができる」と告げ、伏黒はひっそり笑みを浮かべる。

針が「んだぁ?このルール」とつぶやくと、伏黒が一気に間を詰め満象を呼び出し、針を一気に外に押し出していく。

さらに、空中で針の顔面を殴打する。

地上に落ちた針が「テメェ、よくも」と立ち上がろうとするが、伏黒がとどめを刺す。

伏黒が「何してんだ、俺は」「これからも点は必要だ、でももう津美紀に殺し合いが強制されることはないんだ」「焦るな、皆を信じろ」「コイツらの持ち点に拘るな」「俺はただ全力で降りかかる火の粉を払えばいい」と考え直すと、コガネから「5点が追加されました」と告げられる。

レジィが黄櫨とともに「あーあ、点もったいな」「術式出す前に殺されてりゃ世話ないよ」と地上に降りてくると、伏黒は「麗美はリタイヤか?だとしても2対1」「クソッ、初めの爆撃が効いてる、逃げは論外」「使うべきか、領域を」「だが、俺の領域は未完成で、結界を閉じて相手を封じ込めることはできない」「逃げられ出し損で再戦なんてパターンが最悪だ」と考えていた。

黄櫨が歯を吐き出してくると、「危なーい」と何者かが現れ伏黒をかばっていく。

「2対1、君達それで公平に分けたつもりなのかい!?」「君達のような人間を何者と呼ぶか」「そう、卑怯者だ、卑怯者の攻撃は効かん」「見ろ、ダメージ0だぜぇ」と髙羽が言い放つ。

<<前の話 168話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。