呪術廻戦

【呪術廻戦】160話のネタバレ【虎杖・伏黒・パンダ・秤が死滅回游に参戦】

呪術廻戦160話のネタバレを掲載しています。160話では、羂索が虎杖の高校時代に仲の良かった佐々木の元に現れていた。虎杖たちはついに死滅回游に参戦していく。呪術廻戦160話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦160話のネタバレ

呪いさ

羂索が「ごめんね」と謝ると、佐々木が「誰?」と返し、羂索は「ここに結界を張った術師だ」「ここは選ばれたんだ、死滅回游の場にね」「残念ながら別に名誉なことではないよ」と答える。

佐々木が「殺し合い??」「自宅でそれは勘弁してもらえませんか」と返すと、羂索は「あっはっはっ、面白いね君は」「少し離れた所に刑場跡があるんだ」「結界の中心はそこだよ、半径5・6キロってとこかな」「かなり無理をして作った結界だからね、あまり理不尽な条件づけはできないんだ」「はじめから結界の内側にいる君達には結果を出る権利がある、一度だけね」「君が望めば目が覚めたら結界の外さ、どうする?」と尋ねる。

佐々木が「目が覚めたらってこれは夢なの??」と返すと、羂索は「夢と現実の間、呪いさ」「気をつけて」「ゆっくりだ、外にはもう気の早い連中がいる」と佐々木の手を取りともに歩いていった。

羂索が「そうだ、言い忘れる所だった」「息子と仲良くしてくれてありがとう」と伝えると、「佐々木」と井口に呼ばれ意識を取り戻した。

佐々木が「ここどこ?」と聞くと、井口が「勾当台と広瀬通りの間くらいだ」「それより見ろ」「どう見るよ、オカ研として」と仙台コロニーの存在に言及する。

佐々木が「夢の話していい?」と言うと、井口は「皆してるよ、ロン毛で袈裟の男だろ」と返す。佐々木が「じゃあ、井口もされた?息子がどうのって」と言うが、井口は「?」「いや、それは初耳だ」と言い、佐々木は「虎杖?」と息子の正体に勘づいていた。



あぁ、問題ない

虎杖が「やっぱいねぇなー、天使」と名簿を見ながら言うと、パンダが「本名じゃないんだろ、オマエの宿儺みたいな」と伝え、伏黒が「天元様は東京の東側、第2コロニーにいるって言ってたな」と言う。

秤が「姿は分かってんのか?」と聞くと、伏黒が「見れば分かるそうです」と答え、秤は「大丈夫かそれ」と不安を口にした。秤が「まいいや、俺とパンダが東京第2」「伏黒きゅんと虎杖が第1、綺羅羅は結界外で待機、でいいな」と確認すると、パンダが「根拠は?」と尋ね、秤は「得点だけ見れば一番強い鹿紫雲と俺がやんのが順当だろ」と答える。綺羅羅が「えー、私仲間外れぇ?」と不服そうにしていると、秤は「パンダは鼻が利くから天使捜しに注力しろ」「乙骨から連絡ねぇってことは結界の中じゃ携帯は使えねぇ」「外の状況を把握できる奴はいた方がいい」と説明していく。

虎杖が「待って、俺と伏黒は別の方がいいかも」と意見を言うが、伏黒が「うるせぇ」「先輩達3人の役割は動かせない、我儘言うな」と意見を潰していく。

11月12日12:00東京(津美紀の死滅回游宣誓期限まで7日と12時間)。コガネが「よぉ、俺はコガネ」「この結界の中では死滅回游って殺し合いのゲームが開催中だ」「一度足を踏み入れたらオマエもプレイヤー」「それでもオマエは結界に入るのかい!?」と確認すると、秤・パンダ・伏黒・虎杖は「あぁ、問題ない」と答える。

<<前の話 160話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。