呪術廻戦

【呪術廻戦】158話のネタバレ【死滅回游100点超えプレイヤー鹿紫雲一・日車宏見が登場】

呪術廻戦158話のネタバレを掲載しています。158話では、秤の死滅回游への協力を得ることに成功する。そして、虎杖と伏黒は死滅回游100点超えのプレイヤーを発見し、その二人のプレイヤーをターゲットにしていく。呪術廻戦158話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦158話のネタバレ

鹿紫雲一

秤が「マジで?」「五条さん封印されたの?」と驚くと、伏黒と虎杖が「マジ」と返していく。

パンダが「あとついでのようで悪いが学長も死んだ」「スマン、黙っててだが本当だ」「大丈夫だ、虎杖」「渋谷でじゃない」「あの後上とゴタついてな」と伝えていくと、虎杖が「なら良かったとはなんねーよ」「だって学長はパンダ先輩の」と返し、パンダは「それも含めて「大丈夫」だ、ありがとな」と言う。秤が「オマエがそう言うなら俺達はなんも言えねーよ」「にしても世話んなった人らが悉く」「こんなに凹んだのはヤックルの尻に矢がブッ刺さった時以来だよ」と言うと、パンダたちは「いい人生送ってるな」と感じていた。

秤が「分かった、死滅回游の平定には協力する」「勘違いすんなよ」「常に流されたわけじゃねぇ、これはあくまで取引だ」「分かってるか?死滅回游に方が付いたらオマエらが俺に協力すんだぞ」と話すと、パンダが「呪術規定の改定にいっしょ噛みしようってんだろ?」「呪霊の存在が公になった以上、改定自体は確実なんだろうけど具体的には何をどうするんだ?」と聞き、伏黒は「どうあれそこまで難しくはないと思いますよ」と口にする。秤が「あぁん?」「テメェに何が分かんだよウニ頭、コラ」とツッコむと、伏黒は「俺、禪院家当主です」と打ち明け、秤は「あ、そぉ?」「オイオイオイオイ、マジか!?」「二人にゃ悪いが今日一ビビったぜ」「御三家がバックにつけば規定の改定に口出しなんてちょちょいじゃねぇか」「問題はその後、ファイトクラブの運営にいかに禪院家を関わらせないかだな」と企んでいた。秤が「ウニ頭」と言うと、伏黒が「伏黒です」と返し、秤は「伏黒君、仲良くしようネ」と下心丸出しの表情を見せる。

翌日禪院家壊滅。

パンダが「よし、後は各々が出向くコロニーの割り振りだな」「憂太は宮城だっけ」と聞くと、突如謎の生物からアナウンスが流れてくる。

「プレイヤーによる死滅回游へのルール追加が行われました」「〈総則〉9、プレイヤーは他プレイヤーの情報、名前、得点、ルール追加回数、滞留コロニーを参照できる」というアナウンスが入る。

とある死滅回游プレイヤーが他プレイヤーを殺害していた。

「5ポイントが追加されました」というアナウンスが入ると、プレイヤーは「ったりめぇだろ、殺したんだから」「どいつもこいつも貧弱過ぎる、400年前の方が幾分ましだった」「何処にいる、宿儺」とつぶやく。「得点が200を超えました」「100ポイントを消費して死滅回游にルールを追加しますか?」と聞かれると、プレイヤーは「そうか、ルール」「名前と強さの基準として得点」「あぁ、ルール追加すると減っちまうか」「じゃあ、ルールの追加回数もだな」「それからどこのコロニーにいるか」「コガネ、ルール追加、全プレイヤーの情報を開示させろ」と告げる。そのプレイヤーの名は鹿紫雲一。





コガネ

「俺はコガネ、プレイヤーと死滅回游を繋ぐ窓口さ」と謎の生物が自己紹介する。

秤が「なんかさっきとキャラ違くねぇか?」とツッコむと、コガネは「さっきのは死滅回游からのアナウンス」「今はプレイヤー虎杖悠仁個人に憑いてる窓口として喋ってるぜ」と答える。伏黒が「いやおかしいだろ、何で虎杖がもうプレイヤーとしてカウントされてんだ」「羂索に術式や呪物を配られた奴以外はコロニーに侵入して初めてプレイヤーになるハズだろ」とツッコむが、虎杖は羂索の「虎杖悠仁のように呪物を取り込ませた者」「私が配った呪物は千年前から私がコツコツ」「私と契約を交わしたのは」という言葉を思い出しながら「宿儺だ」「宿儺も羂索と契約して呪物に成った術師の一人だったんじゃねぇかな」と気づいていく。

伏黒が「死滅回游への参加が契約に含まれてるのか?」と考えながら「でもやっぱりおかしい」「宿儺の指はオマエの意志で取り込んだろ」「俺が証人だ」「後にしよう」と伝え、「虎杖、早速コガネにプレイヤーの情報を出させてくれ」と言い、虎杖がコガネに頼んでいく。

伏黒が「コイツだ」と鹿紫雲に気づき、「コイツ元々200点も持ってたのか」「どういう意図でのルール追加だ?」「ここ数日で少なくとも40人は殺してる奴ってことだろ」「気持ちのいい理由じゃねぇんじゃねぇか?」「でも、これで俺達は人を殺さずに死滅回游を勧められるかもしれない」「コガネ、得点が100以上のプレイヤーだけリストアップできるか?」と言うと、コガネは「俺は虎杖悠仁に憑いてるからなぁ」と渋るが、虎杖が「あ、いいよいいよ」「伏黒の言うことはきいて」と伝えコガネがリストアップしていく。伏黒が「津美紀のような巻き込まれた人間は焦って結界から出たがらない限り、受肉した過去の術師も各々何か思惑があって羂索と契約しただけで、必ずしも死滅回游に対するモチベーションが高いわけじゃない」「鹿紫雲のように点を持て余している奴がまだいるとしたら」と話していくと、虎杖が「そっか」「100点以上持っててルール追加をする気がない奴、そいつを伸して」と伏黒の思惑を察し、伏黒は「津美紀が回游を抜けるルールを作らせる」と言う。

すると、鹿紫雲以外にもう一人100点超えのプレイヤー日車寛見がリストアップされる。

伏黒が「よし」「まずはネックのルール8を逆手に取る」「8、参加またはポイント取得後、十九日以内にポイントの変動が見られない場合、そのプレイヤーからは術式を剥奪する」「ルール追加でプレイヤー間でのポイントの譲渡を可能にする」「これで身内でポイントを回し続ければ、術式を剥奪されて死ぬことはなくなる」「できればルール追加はもう1つ、ポイントを消費して死滅回游から離脱できる」と説明していく。

秤が「それは例の永続に抵触するんじゃねぇか?」とツッコむと、伏黒は「俺もそう思います」「でも、非プレイヤーを死滅回游に引き込む身代わり条件を盛り込めばいけるかもしれません」と説明し、秤も「確かにな」「その辺はコガネが決めんのか?」と納得していた。

虎杖が「何にせよやることは決まったな」と言うと、伏黒も「あぁ」「獄門疆の封印を解ける天使を捜しながら鹿紫雲一と日車宏見を狩る」と言う。

<<前の話 158話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。