呪術廻戦

【呪術廻戦】157話のネタバレ【秤と星綺羅羅が仲間に!?】

呪術廻戦157話のネタバレを掲載しています。157話では、虎杖が秤の攻撃を避けずに受け続け、その異常さに秤の心が動かされていく。虎杖から熱を感じ取った秤は取り引きをすることにした。呪術廻戦157話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦157話のネタバレ

この人が、折れるまで

伏黒が「話聞いて下さい」と綺羅羅を押さえつけると、綺羅羅は「君本当に今の狙ったの?」「犬と君どっちが引っ張られるかなんて分かんないじゃん」と言う。

伏黒が「そこは賭けでしたが今分かりました」「呪力出力が高い方に引っ張られますよね?」「はじめは俺が玉犬に引っ張られたのに、綺羅羅さんの攻撃をガードしようと呪力で強化した今回結果は逆になった」と答えると、綺羅羅が「君1年生?」「ホンット可愛げな」と言おうとすると、伏黒が「お願いします、時間がありません」「話を聞いて下さい」と土下座でお願いしていく。

すると、虎杖がモニタールームから吹っ飛ばされ、秤も部屋から出てくる。

虎杖が「伏黒、パンダ先輩、手ェ出すなよ」と言うと、秤が「ナメるじゃねぇか」と思いきり殴りつけていく。

鼻血を吹き出しながら虎杖がすぐさま立ち上がると、秤は「このガキさっきから、避ける気がねぇ」「イカれてんな」と感じており、虎杖は「これは渋谷との戦いとは違う」「秤先輩に俺を認めさせるための言わば儀式だ」「もう避けねぇ、反撃もしねぇ」「この人が、折れるまで」と決意を固めていた。





熱に嘘はつけねぇ

綺羅羅が「金ちゃん、この子達金ちゃんに助けてほしいんだって、話を聞いてあげて」と言うと、秤は「今聞くつったろ」「なぁ虎杖、なんで俺だよ、俺達初対面だよな?」「なんで俺を頼る」と尋ねる。虎杖が「先輩達がアンタを強いと言ったからだ」と答えると、秤は「だと思ったよ」と殴り飛ばし、虎杖は「なんだこの人の打撃は!?」「威力の大小以前に痛い」「ヤスリのついたバットでぶん殴られてるみてぇだ」と感じていた。

秤が「術師が術師にするお願いは一緒に命を懸けて下さいが前提だろーが」「テメェは俺に命を懸けさせるだけの熱を、今ここで伝えなきゃなんねぇんだよ」「それを言うこと欠いて人に言われて来ましただぁ!?」「夜蛾のオッサンは何してんだよ、こういうヘタレは間引いとけや」と言い放つと、虎杖は「俺に熱なんてねぇよ」「俺は部品だ」「術師が呪いを祓うため、祓い続けるための部品」と伝える。秤が「オイオイオイオイ、マジかオマエ」「超つまんねぇじゃん」と振りかぶると、伏黒が「ヤバイ、これ以上は」「虎杖、もういい」と叫ぶが、秤の一撃がクリーンヒットする。

秤が「痛ぇだろ」「五条さんが言うにはな、俺の呪力は他の奴よりザラついてるらしいぜ」「死んだか?」「おいパンダ、とウニ頭」「さっさと虎杖連れて失せろ」「二度と」と伝えようとするが、虎杖は秤の背後に立っており、秤はビビってすかさず距離を取る。

秤が「ノーガードで3発だぞ!?」「その前にもしこたま殴った」とビビりながら「何製だよ、オメェは」と言うと、虎杖は「俺は部品だ」「部品には役割があんだろ」「呪いを祓い続ける俺の役割、それに秤先輩が必要だっていうのならアンタが首を縦に振るまで付き纏う」「先輩、アンタの役割は何だ?」と迫ると、秤は「コイツ、これが部品の熱かよ」と感じていた。

秤が「いいぜ、何発でも」と言おうとすると、綺羅羅が「金ちゃん、熱くなってるんじゃない?」と言い、秤は「熱に嘘はつけねぇ」「オマエら降りてこい」「取引だ」と伝えていく。

伏黒が「え?解決」「納得してもらえたんですか?」と聞くと、綺羅羅が「うん」と答える。伏黒が「ありがとうございまう?」と言うと、綺羅羅は「いいよ」「上の連中は嫌いだけどね、なんやかんや高専で人助けしてた金ちゃんが一番熱かったから」と伝えていった。

<<前の話 157話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。