呪術廻戦

【呪術廻戦】156話のネタバレ【星綺羅羅の術式「星間飛行(ラブランデブー)」の秘密が判明】

呪術廻戦156話のネタバレを掲載しています。156話では、伏黒が綺羅羅の術式が南十字座がモチーフとなっていることに気づいていく。そして、綺羅羅の術式の秘密に気づき、綺羅羅を拘束していく!?呪術廻戦156話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦156話のネタバレ

南十字

伏黒が脱兎に書かれたアクルックスという字と扉に刻まれたガクルックスという字に気づいていく。

綺羅羅が大量の脱兎を見た「凄い量、何のつもりかな」「私の術式は呪力にマーキングするから、式神は術師と同一に扱われる」「このままだとさっきの犬みたいに引き寄せられた自分の式神に押し潰されて窒息するよ」と考えていた。

すると、伏黒が脱兎を消していく。

伏黒が「パンダ先輩、「脱兎」どうでした!?」と聞くと、パンダが「俺の次にカワイかった」と答える。伏黒が「何に近づけて何に近づけなかったか聞いてんですよ」とキレると、パンダは「俺とそっちの二階は問題なく行けてた」「綺羅羅とモニタールームの扉は駄目だ」と伝える。伏黒が「パンダ先輩の体のどこかに★マークと名前がついてませんか!?」と聞くと、パンダは「あ!?IMAI」と文字が書かれていることに気づき、伏黒も「俺もどこかに」と腹部に脱兎と同じアクルックスと書かれていることに気づく。

伏黒が「玉犬にもあるんだろうな」「まだ何も分かりはしないがここは」と考えながら「分かりました、この術式のタネは星座です」とパンダに伝えていくと、綺羅羅は「そこまでなら分かる奴は分かる」とまだ余裕だった。伏黒が「モチーフの星座は南十字」と口にすると、綺羅羅は「クソ」「顔に出た、お互いに」「「マジか」って顔したなぁ〜!?」「私の術式のモチーフが南十字星だという確信はなかったんだ」「けど私も「マジか」って顔しちゃった、確信を与えちゃった」「このまま術式を看破されればモニタールームに入られる」「ここで足止めをする」と焦っていた。





「星間飛行」解除

伏黒が「マジで南十字だったら津美紀に感謝だな」「でも、これ以上は何も知らん」「つーか、南十字座って4つじゃないのか??」と困惑しながら「先輩、南十字座って星4つですよね?」と確認すると、パンダも「え、そりゃ十字だし」と同じ反応を見せた。

伏黒が「綺羅羅さんの術式はそれぞれに南十字の星を割り振って、適当な距離を取らせるものあdと思ったんです」「でも、綺羅羅さんは扉に近づけるし、俺とパンダ先輩同士も近づける」「だから、この術式はルートの決められたスタンプラリーとかすごろくみたいなもので、それぞれに近づける順番があるんじゃないかと思います」と説明する。

パンダが「術師本人は術式対象外なんじゃないか?」と言うが、伏黒は「それはないです、本人も玉犬と距離を取らされてました」「単純に俺達の星と綺羅羅と扉の星が反発するようになってるとか」「だったら綺羅羅さんが今モニタールームに逃げ込まないのはおかしいですよ」と告げ、パンダは「あ、そか」「内側で扉にベッタリされたら詰むもんな」と納得する。伏黒が「今綺羅羅さんは俺達が何かしら条件を満たして自分の目の届かない所でモニタールームに侵入されることを警戒してる」と言うと、パンダが「となると、星は5つ以上だな」と言い、伏黒も「はい」「スタンプラリー説が正しかったとして星が4つなら、俺かパンダ先輩は綺羅羅さんに近づけるはずなんで、間に5つ目の星があってそこを経由しないと綺羅羅さんと扉に近づけない」と語る。

パンダが「6つ7つあったらどうする」と確認すると、伏黒は「流石にないと信じたいですね、十字で5つでも意味分かんないのに」と返し、そこで綺羅羅が「バレたなら攻めるでしょ」と車を思いきり踏みつけていく。

車には「★Imai」とマークされており、パンダに向かって飛んでいく。

パンダが「問題ない伏黒、★を探せ」と車を投げ飛ばすと、伏黒が「投げちゃ駄目ですよ」「先輩と同じイマイの★を車につけたんです」「俺と玉犬の時みたいに投げても戻ってくるか引っぱられますよ」と伝えていった。

伏黒が「★をつけるには多分対象に触れなければならない」「でも、俺も脱兎も綺羅羅さんに触れられてない」「触れられたのは玉犬だけ」「つまり、綺羅羅さんは物ではなく呪力に★をつけてる」「扉や車のような物に★をつけるには、予め誰かしらの呪力を篭めなければならないんじゃないのか!?」「やっぱりだ、車から綺羅羅さん以外の呪力の残穢」「術式範囲が広くないのであれば、もう1つの★の残穢も」「あった、5つ目の★」と★を発見する。

伏黒が「俺達3人以外の残穢はもう見当たらない」「綺羅羅さんは既に自分の呪力に★をつけていて、物に俺と同じアクルックスの★をつけるために自身の呪力は使えないから、さっきの車のように俺に物は飛ばせない」「俺の読みが正しければ、これで綺羅羅さんに近づけ」と分析するが、大量の「アクルックス」の字が刻まれた物が飛んでくる。

伏黒の仮説は正しい。綺羅羅の術式「星間飛行」は南十字座をモチーフとし、5つの★を対象の呪力に割り振る。★が別の★に接近するには、定められた順序を守られねばならず、同じ★同士の対象は一方が一方に引き寄せられる。

順序とは星座の奥行き。平面的に見える星座にも当然奥行きがあり、地球からの距離はそれぞれ異なる。綺羅羅によりアクルックスの★をつけられた伏黒は、扉に到達するまでミモザ→ギナンを経由しなければならない。

綺羅羅が「君凄いじゃん」「マジで私の術式のこと分かってるんだ」「でも、物分かりが良すぎてもう物は飛ばせないって決めつけてたんじゃない?」「私の呪力についた★ギナンをはずして、君と同じアクルックスの★をつければいいだけじゃん」と告げるが、綺羅羅の背後には玉犬が迫っていた。

綺羅羅が「なんで!?どこから??いや、そうか」「あの子、まだ一度も犬の式神を解除してなかったんだ」「同じ★同士どっちが引かれるかも見破られた!?」「自分と式神の間に壁を挟んで、引き寄せられる式神を壁につっかけておく」「そして、私が線上に立ったら犬を放つ」と伏黒の策略に気づき「星間飛行」を解除すると、伏黒に拘束されていく。

<<前の話 156話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。