呪術廻戦

【呪術廻戦】153話のネタバレ【呪術高専3年の秤金次が賭け試合の胴元として登場】

呪術廻戦153話のネタバレを掲載しています。153話では、虎杖と伏黒が秤の協力を求め、秤が運営している賭け試合の会場に向かっていく。そして、秤は賭け試合に参加した虎杖に目をつけていく。呪術廻戦153話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦153話のネタバレ

賭け試合

天元が「秤金次は今、栃木県の立体駐車場跡地で賭け試合の胴元をして金を稼いでいる」「術師同士の殴り合いだ」と説明すると、伏黒が「それって客は」と言い、天元は「基本的に非術師だな」と答える。伏黒が「おもっ切り呪術規定8条の「秘密」に抵触してるじゃないですか」とツッコむと、天元は「賭け試合の参加者の中には呪詛師もいるだろう」「用心していきなさい」と伝えていた。

虎杖が「何で着がえんの?」と聞くと、伏黒は「秤さんは上とモメて停学くらったんだ」「呪術規定も現在進行形で破ってる」「高専関係者ってバレたら逃げられるかもしんない」「ケーサツとドロボーみたいなもんだからな」と説明する。

虎杖が「んー?」「俺達って今高専側?」と聞くと、伏黒は「グレーだが少なくとも秤さんから見たらクロだろ」と返す。虎杖が「そもそも協力してくれるような人なの?」と疑問を口にすると、伏黒は「どうだろうな」「やってることがやってることだし、先輩達はみんなろくでなしって言ってる」「でも、あの乙骨先輩が自分より強いって言ってるんだ」「戦力として絶対欲しい」と告げながら秤の元に向かっていく。

見張りが「帰れガキんちょ」「ここは溜り場には向かねぇよ」「一二の三で回れ右だ」「それ以外の選択肢は俺に殴られる」と伝え、伏黒が「金がいる」「ここでやってる賭け試合に出場させてくれ」と返すと、見張りは拳を寸止めしてくる。

見張りが「ルールその1、「賭け試合について口にしてはならない」」「答えろ、誰に聞いた」「オマエを殴るのはその後だ」と問い詰めると、伏黒は「名前は知らない」「殺したから(嘘)」「一月くらい前だ」「威勢だけのクズがいたろ」と適当に話をでっち上げ、もう一人の見張りが「一月前、コンドーが消えた」と考えていた。伏黒が「その穴を埋めてやる」「なんなら胴元の前でアンタを転がしてみせようか?」と言うと、虎杖は「そっか」「いきなり会わせてくれって言ったら警戒されるか」「秤って名前も知ってちゃダメか」とおくちチャックしていく。

見張りが「そこまでだ」「ボスからお許しが出た」「今日のシード枠にそいつを当てる」「ただし、出るのはソッチだ」と虎杖を指名すると、伏黒は「好都合」「試合は虎杖の方が適任だ」と考えながら「駄目だ」「俺が出る」と返す。見張りが「ボスはテメェは食えねぇとよ」「嫌ならこの話はなしだ」と伝えていくと、伏黒は「分かった、それでいい」と伝えていく。

虎杖が「伏黒さん、危ねーなぁ」「ハッタリが過ぎるって」と言うと、伏黒は「そうでもないだろ」「呪詛師も参加してるならそれなりに入れ替わりもあるハズだからな」と返す。伏黒が「それより」と話を切り出そうとすると、虎杖は「あぁ、いるな」「防犯カメラで俺達を見てたってことは高確率で秤先輩はあそこにいる」と言う。伏黒が「虎杖は試合に出場して内側から探りを入れてくれ」「俺もその間にあの駐車場に潜入する、かも」と伝えると、虎杖は「かもぉ?」と食いつき、伏黒は「俺は多分泳がされてる」「俺の潜入がバレた時点で虎杖への信用も0からマイナスになって俺達が秤さんと接触する機会もなくなる」と説明する。虎杖が「じゃあ、そん時はもう力尽くだな」と言うと、伏黒は「それは本当の最終手段だ」「俺達はあくまで秤さんに協力をお願いしに来ている立場だ」「今後の関係に響く事態は極力避けたい」「正直、今晩俺は動くべきじゃないと思う」「でも、津美紀の回游への宣誓期限まで時間は無駄にしたくない」と伝えていく。虎杖が「今、10日の17時」「期限まで9日か」「ここまで来るの思ったより時間かけちゃったからなぁ」と残りの時間を確認すると、伏黒は「だから俺も今晩潜入して秤さんを探るが、ヤバそうならすぐ退く」「だから「かも」だ」と説明し、虎杖は「了解」と返していく。



熱は熱いうちに、だ

見張りの男が「ルールは2つ、逃げるな、術式は使うな」と告げると、虎杖は「何で?俺は別に使ってもらっていいけど」と返し、見張りは「客は殆ど非術師、見えない側だ」「見えない勝負をされても盛り上がらん」と答える。

虎杖が「逃げるなの方は?」とさらに質問すると、見張りは「客の見える範囲で戦えってことだ」と答える。虎杖が「どこまでも客だなぁ」と言うと、見張りは「当然だ、ビジネスだぞ」と伝える。虎杖が「ボスってどんな人?」と聞くと、見張りは「気になるか?」「会えば分かるさ」と告げる。虎杖が「会えんの?」と聞くと、見張りは「試合には2種類ある」「今日のトーナメントのようなガチンコとやおちょう」「脚本は勿論ボスが描く」「ここでうまくアピールできたら声がかかるかもな」と説明し、虎杖は「要は派手に暴れりゃいいわけだ」と理解していく。

試合会場に到着すると、虎杖は対戦相手を見て目を見開き、見張りの男も「俺も初めて見た時はぶったまげたよ」と言う。

実況のジョン☆ボビが「さぁ、今夜も始まりました」「ガチンコファイトクラブトーナメント」「実況はお馴染みジョン☆ボビがお送りします」「早速ゴキゲンな対戦カードを紹介するぜ」「突如現れた刺客」「三角の次も四角」「デンジャラス火の玉ボーイ、ユゥウウジィ、イタドリィィイ」「立てばパンダ、座ればパンダ、歩く姿はマジパンダ」「パ、ン、ダだァアアア」と対戦カードを紹介していく。

監視カメラでその様子を見ていた秤が「熱が引いていくのが分かるぜ」と言うと、横にいる女が「どうして、金ちゃん」と聞く。秤が「運ってのはよ、試されてナンボだろ」「初めから勝ちが見えてる賭けはつまらん」「野良術師でパンダに勝てる骨太なんてそういねぇからな」と答えるが、女は「そうでもないみたい」と伝えていく。

虎杖とパンダが戦いを繰り広げていく。

戦いの最中、虎杖が「パンダ先輩は秤先輩に会えた?」と小声で聞くと、パンダは「いや」「知った仲だから警戒はされてないが避けられてる」「あとはもう一人の3年の術式が問題でな」「高専生ってことは隠してるんだろ?」と返し、虎杖は「うん」と答える。パンダが「よしよし」「後は分かるな?」と確認すると、虎杖はパンダを吹っ飛ばし勝者となる。

秤が「トーナメントが終わったら虎杖を屋上に上げろ」「どーせ勝ち残る」「しかも、アイツ上階の客を魅せるために意識して立体で動いてた」「いい脚本が描けそうだ」「いつも言ってんだろ、熱は熱いうちに、だ」と電話で部下に伝えていくと、呪術高専3年の星綺羅羅は「それ馬鹿っぽいからやめな?」と言う。

部下が「はい」「でも、どうします?」「もう一人のガキの方は」と返すと、潜入した伏黒が話を聞いていた。

秤が「それは引き続き警戒しろ」「後で警備に綺羅羅も出す」「いい感じにザワつくぜ」「こんなにザワつくのは、元カノがリボ払いしまくってた時以来だ」と伝えていく。

<<前の話 153話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。