呪術廻戦

【呪術廻戦】151話のネタバレ【覚醒真希の圧倒的強さで禪院直哉死亡!?】

呪術廻戦151話のネタバレを掲載しています。151話では、覚醒した真希と禪院直哉の戦いに突入する。投射呪法の超スピードで苦戦する真希だったが、1秒に24回動くことすら見切り、直哉を一撃で殴り飛ばしていく。呪術廻戦151話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦151話のネタバレ

オマエは甚爾君やない

子供の頃の直哉が「俺は天才なんやって」「皆言っとる、父ちゃんの次の当主は俺やって」「禪院家には落ちこぼれがいるんやって」「男のくせいに呪力が1ミリもないんやって」「どんなショボくれた人なんやろ、どんな惨めな顔しとんのやろ」と甚爾の顔を見て驚愕した。

直哉は投射呪法を使いながら真希に高速攻撃を仕掛ける。

直哉が「オマエは甚爾君やない」と真希を投射呪法で圧倒すると、真希は「6、7、8,、13、14」と数を数えていた。

直哉は「雑魚の罪は強さを知らんこと」「誰も甚爾君を理解してへんかった、多分君を除いて」「オマエやない、アッチ側に立つんは、俺や」と五条悟と甚爾をイメージしながら超スピードで攻撃を続けていく。



偽物

投射呪法は過度に物理法則や軌道を無視した動きは作れない。同じく速度も術式発動時の加速度には上限がある。逆に絶えず術式を重ねれば重ねる程出せる速度は上がっていく。直哉は「もう止まらん、あの時みたいなヘマはせん」と脹相に出し抜かれた時を思い出しながら「力は重さと速さ」「最高速度でブチ抜いたる」とさらにスピードを上げていく。

真希が「不知火型」を構えていく。

真依の命と引き換えに得た呪力から脱却した鋼の肉体。しかし、扇戦での負傷失血、炳との連戦。既に亜音速を超えている直哉に対し長期戦は不利と真希は判断した。

直哉が「真っ向勝負っちゅーわけかい」と察すると、真希は「抱いてやるよ」と言う。が、直哉は真希に触れるだけで誘いには乗らず通り過ぎていく。

投射呪法発動中の掌に触れたモノも1/24秒で動きを作らねばならず、失敗すれば1秒フリーズする。失敗すれば1秒。直哉は依然、トップスピードを維持している。

直哉が「アバラ砕けてでも俺の攻撃を受けて動きを止めるつもりやったんやろ」「そんなみえみえの誘いに乗るかい」「やっぱオマエは偽物や」と真希に突っ込んでいくが、真希は「24回だろ」「ジジイもオマエも速いだけじゃねぇ、違和感があった」「1秒に24回動きを刻んでた」「この体になってようやく見えたよ」とカウンターを合わせ直哉を殴りつけていく。

<<前の話 151話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。