呪術廻戦

【呪術廻戦】148話のネタバレ【真希VS禪院扇の親子対決に】

呪術廻戦148話のネタバレを掲載しています。148話では、真希が呪具を回収するために、母親の制止を振り払い忌庫に向かっていく。そこには父親の扇が待ち構えており、扇との戦いに突入していく。呪術廻戦148話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦148話のネタバレ

一度くらい産んで良かったと、思わせてよ、真希

直哉が「誰かと思ったわ」「酷い面やな、それもう治らんやろ、どうすんの?」「真希ちゃん」と言うと、真希は「女を顔で判別できたんだな」「尻しか見てねぇと思ったぜ」と返していく。

直哉が「どうすんのって聞いてんねんけど」「答えろや、カス」「呪術も使えん、呪霊も見えん」「取柄のお顔もグズグズ」「もう誰も君のこと眼中にないで」「寂しいなぁ、昔みたいにまたイジメたろか?」と言い放つ。

直哉が「どうすんの?」「乙骨君と恵君の金魚のフン?」「なんとか言えや、カス」と言うが、真希は何も言わないまま忌庫へ向かっていく。

侍女が「真希、戻りなさい」「忘れたの?忌庫への立入りは私達に許されていないの」と返そうとするが、真希は「当主様がいいって言ってんだよ」と伝える。

伏黒が「禪院家当主!?俺が!?」と言うと、真希は「ああ、直毘人の遺言だ」と伝えていた。伏黒が「お断りします、面倒くさい」と言うが、真希は「いや、悪いが受けてくれ」「直毘人は恵には禪院家の財産を全て譲るって言ったんだ」「金に呪具、当主になれば御三家や総監部の情報も入ってくる」「これからの私達の立ち回りが大きく変わる」と伝えていく。伏黒が「じゃあ、真希さんがやって下さいよ」と言うが、真希は「今の私じゃ誰も納得しねぇしついてこねぇよ」「相伝の術式を継いでること、領域を会得してること」「更にに目をかけられてたドラが乗った恵でギリだ」と告げる。伏黒が「納得とか、禪院家の人がどう思おうと関係なくないですか?」「さっき言ってた恩恵は当主になりさえすれば受けられるでしょ」と言うが、真希は「まだ、私じゃダメなんだよ」「私じゃ、真依の居場所を作ってやれない」と伝えると、伏黒は「分かりました」と当主となることを受け入れていく。

侍女が「戻りなさい」「どうして?」「どうしてアナタはいつもそうなの?」「一度くらい産んで良かったと、思わせてよ真希」と言うが、真希は忌庫に向かっていく。

真希が忌庫の扉を開けると父親が待ち構えていた。





何故私が当主になれなかったか

扇が「ここに呪具はないぞ、真希」「オマエ達の動向を見越して空にしておいた」と言うと、扇にやられた真依が「なんで来たのよ、馬鹿」と言う。

直哉が「こうする気やったら始めっからそう言えや」と言うと、甚壱は「オマエが先走りすぎなんだ、直哉」と返す。

甚壱が「確かに伏黒恵はオマエより幾分ましだ」「五条家との関係修復の契機として彼を後押しする声も少なくない」「だが、全財産を伏黒恵に譲るというのは俺達も到底納得できない」と言うと、直哉は「じゃあ、何をトロついとったん?」と聞き、甚壱が「伏黒恵は五条家だけではなく、加茂家次代当主加茂憲紀とも有効な関係を築いている」「理由もなく消せば、立場を悪くするのは我々禪院」「五条悟が封印され変動する勢力争いに遅れをとることになる」と答える。直哉が「それは分かったけどなんで今なん」と聞くと、甚壱は「総監部の通達をろくに聞いていないな」「二、五条悟を渋谷事変共同正犯とし、呪術界から永久追放かつ封印を解く行為も罪と決定する」「利用しない手はない」「五条悟解放を企てた謀反者として、伏黒恵、真希、真依を誅殺する」と伝えていく。

直哉が「くっくっくっ、実の娘も殺した方が信憑性が増すもんなぁ」と言うと、甚壱も「あぁ、それにより総監部からの信頼もより強固となる」と言う。直哉が「でもそれでいんん?扇のオジさんは」と言うと、甚壱は「発案者は扇だ」と答えていく。

扇は秘伝「落花の情」を発動する。

纏った呪力により触れたモノを迎撃する。領域対策「落花の情」を居合いに転用。万が一の交渉材料として生かした真依、真希の所持する未知の呪具。それら不測の事態に備えつつ、渾身の一振りを放つ。

組屋鞣造の傑作、呪具「竜骨」。刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し、使い手の意図に合わせ峰から噴出する。

真希は「呪具の効力を知られてねぇアドバンテージを生かす」「居合い勝負に乗ったとみせかけて二撃目・三撃目で斬る」と考えていた。

扇が「何故前当主が私ではなく、直毘人だったか知っているか?」と聞くと、真希は「テメェが子供を殺せるクソ野郎だからだろ」と返す。

扇が居合斬りを放つ。

真希は竜骨の呪力を噴出させ扇の刀をへし折る。

真希が超速で扇の背後に回り込み鋭い一閃を放つが、躱した扇の一閃を浴びてしまう。

真希は「なんで折ったハズの、刀身が!?」と折ったはずの扇の刀身が生成されていたことに気づく。

扇は「何故私が当主になれなかったか」「それは、子供のオマエ達が、出来損ないだからだ」と言い放つ。

<<前の話 148話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。