呪術廻戦

【呪術廻戦】146話のネタバレ【死滅回游プレイヤー高羽史彦が登場】

呪術廻戦146話のネタバレを掲載しています。146話では、天元と共に死滅回游のルールを一つずつ確認していく。確認し終えた虎杖たちがそれぞれ行くべきところに向かっていくと、死滅回游のプレイヤーである高羽史彦が登場していく。呪術廻戦146話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦146話のネタバレ

死滅回游のルール

伏黒が「術式を、消滅させる?」と言うと、天元が「あぁ」「天使の術式なら獄門疆「裏」を開けることができる」と伝える。伏黒が「そいつは今、どこにいるか分かりますか?」と聞くと、天元は「東京の東側のコロニーだ」「回游の結界は私を拒絶しているからそれ以上の情報はない」「まずはそこから整理しようか」「全国10のコロニー」「それが日本の人間を彼岸へと渡す境界を結ぶ結界と繋がっている」と説明し、虎杖が「これが、こうなるわけか」と理解していく。

九十九が「北海道が入ってないのは呪術連の結界?」と聞くと、天元は「そうだ」「あの地は既に巨大な霊場として慣らしが済んでいる」と答え、九十九は「流石は試される大地」と言う。

天元が「彼岸へ渡すと聞くと仰々しいが、日本にいる人間全員に呪いをかけて同化の前準備をしているのさ」と伝えると、伏黒が「儀式が終わるまでどのくらいかかりますか?」と聞き、天元は「回游次第だが2月もあれば済むだろう」と伝える。

死滅回游第1のルールである「プレイヤーは術式覚醒後、十九日以内に任意のコロニーにて死滅回游への参加を宣誓しなければならない。」を思い出し、真希が「今11月9日の午前9時だ」と言い、乙骨が「プレイヤーの術師が覚醒したのは10月31日24時頃」と言い、伏黒は「津美紀が回游に参加するまでの猶予はざっと10日と15時間」と言う。

第2のルール「前項に違反したプレイヤーからは術式を剥奪する」を思い出しながら伏黒が「天元様はさっき参加を拒否すれば死ぬと言ってましたよね」と確認すると、天元は「あぁ」と答える。

家入は「術式の剥奪かぁ」「後追いで参加する術師にも適用されるルールだろ?」「だとしたら剥奪は「無為転変」で行われるわけじゃないと思う」「使用禁止ではなく剥奪だから縛りでもない」「となると、脳に無理矢理なにかしら作用するわけだから」「ルール的にも剥奪されると死ぬと思うよ、じゃなきゃ皆参加拒否するだろうし」と読んでいた。

真希は「硝子さんの読み通りだったが、逆に私みたいなのとか術式持ってない術師はノーリスクだよな」と言う。

第3のルール「非プレイヤーはコロニーに侵入した時点でプレイヤーとなり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。」を思い出しながら虎杖が「これさぁ、始めから結界の中にいる一般の他人らはどうなんの?」と言うと、天元が「少なくとも1度は外に出る機会を与えられる」と伝えていく。天元が「ルールに1つもコロニーの出入りに関する条項がない」「プレイヤーに始め「結界から出る」という明確な目的を与えて回游を活性化させる狙いだろう」「プレイヤーを閉じ込めるには、プレイヤーが自ら望んで入ったという前提が重要だからね」と説明すると、虎杖は「猪野さんが言ってた結界の足し引きか」と理解していく。

第4のルール「プレイヤーは他プレイヤーの生命を絶つことでポイントを得る。」、第5のルール「ポイントとはゲームマスターによってプレイヤーの生命に懸けられた価値を指し原則術師5ポイント、非術師1ポイントとする。」を思い出しながら伏黒が「天元様、ゲームマスターっていうのは」と聞くと、天元が「各プレイヤーに1体ずつ憑く式神「コガネ」」「コガネも正確に言えばゲームマスターではなく窓口だ」「ゲームマスターは死滅回游のプログラムそのものと思った方がいい」と伝える。

第6のルール「プレイヤーは自身に懸けられたポイントを除いた100ポイントを消費することでゲームマスターと交渉し死滅回游にルールを1つ追加できる。」と思い出しながら九十九が「追加か」「既にあるルールを消すのはなしかな」と言うと、伏黒が「遠回しに否定ならいけるかもしれませんね」と言う。

第7のルール「ゲームマスターは死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない。」を思い出しながら脹相が「これアリか?」と言うと、真希も「だよなぁ」「判断基準がアッチ任せ過ぎる」と言うが、天元は「いや、ある程度は公平な判断が見込めるハズだ」「既にプレイヤーにここまでのルールを強いているんだ」「呪術的にこれ以上羂索に利益が偏ることはない」と伝えていく。

第8のルール「参加またはポイント取得後、十九日以内にポイントの変動が見られない場合、そのプレイヤーからは術式を剥奪する。」というルールを思い出しながら虎杖が「また人を殺さなきゃいけないのか」と言うと、伏黒は「いや、いくつか考えがある」と言う。

真希が「とりあえず情報は整理できたな」「あとはそれぞれの役割」「由基さんと脹相はここに残って天元様の護衛」「私はまず禪院家に戻って、呪具の回収」「が封印されて間もなく、高専忌庫の呪具は加茂家と禪院家が持ち出してスッカラカン」「だが、恵が禪院家の当主になった」「おかげで禪院家の忌庫は漁り放題」「で、その前に」「天元様」と言うと、天元が「分かっている」「組屋鞣造のアトリエだろう?」と言う。

真希が「用が済んだらパンダ捜して回游の平定に協力する」「憂太は?」と聞くと、乙骨は「僕は早速コロニーに入って回游に参加するよ」「津美紀さんや伏黒君達が回游に参加する前に少しでも情報を集めたい」「万が一身内で潰し合うことがないように」「それから、津美紀さんに何かあった時のために近場のコロニーは避けるね」と答えていく。乙骨が「結界で電波が絶たれるかもしれないから暫く連絡取れないかも」と言うと、虎杖に「もし次俺が宿儺と代わったら迷わず殺してくれ」と言われたことを思い出しどうするか悩んでしまう。

が、伏黒が「言ってる場合か、大丈夫だ」「そん時は俺が死んだ後、しっかり殺してもらえ」と諌めていく。

伏黒が「先輩」と言うと、真希が「あぁ、オマエらは予定通り金次のとこ行け」と伝える。虎杖が「金次?」と聞くと、乙骨が「秤金次、停学中の3年生だよ」と伝えていく。真希が「今はとにかく人手が足んねぇ、何がなんでも駆り出せ」と言うと、虎杖が「その人強いの?」と聞き、乙骨が「ムラっ気があるけど」「ノッてる時は僕より強いよ」と伝えていく。

天元のいる空間から出る際、虎杖が脹相に「ありがとう、助かった」と伝え、脹相は「死ぬなよ」と返す。





高羽史彦

芸人が舞台でお笑いをやっていた。

劇場が終わると「高羽ァ」「いつまでそないしとんねん」「やめーや、こっちまで辛気臭ぁなるわ」と怒られる。

「オマエいくつやったっけ?」と聞かれると、高羽は「35っス」と答え、「ほなもうやめてまえ」「この業界遅咲きの奴、よー分からんキッカケで急に売れる奴ぎょうさんおる」「でも、そいつらは急におもろなったわけやない」「元々おもろかったけど埋もれてただけやねん」「オマエはそうちゃうやろ」「東京があぁなってん、悪いことは言わん」「オマエにできる向いてることをせぇ」と告げられていく。

ケンという男が「俺は嫌いやなかったで高羽のネタ」と声を掛ける。

ケンが「アイツもオマエも勘違いしとる」「おもろなくても売れる奴は売れんねん」と言うと、高羽が「一発屋的な話っスか?」と聞くと、ケンは「ちゃうわ」「ずっと売れ続ける奴には二種類おんねん」「ずっとおもろい奴と、ずっと自分のことおもろいと勘違いできる奴や」「オマエはどっちや」と説明していく。

高羽は「五分だ五分だと言うけれど、本当は七三くらいが」と言い、死滅回游プレイヤーであることが明らかになる。

<<前の話 146話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。