呪術廻戦

【呪術廻戦】142話のネタバレ【脹相VS禪院直哉が決着】

呪術廻戦142話のネタバレを掲載しています。142話では、脹相が自身のオリジナル技である「超新星」を発動し、直哉との戦いが決着を迎えていく。が、そこに乙骨が現れ、脹相も仕留められてしまう!?呪術廻戦142話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦142話のネタバレ

だから俺は強いんだ

脹相が「兄さ、10人兄弟のな」と言うと、直哉は「答えになってへんねん」「俺は術式とそのしぶとさのことを」「聞いてん、ねんっ」と超スピードで脹相の背後に回っていく。が、脹相はその動きを見切っていく。

直哉は「合わせてきよった、成程な」「「赫鱗躍動」か」「その能力を外眼筋に集中させて動体視力を上げとるんや」と考えるが、「残念、こっちはカウンター前提で動き作っとんのや」と脹相にカウンターを合わせていく。

脹相は腹部から出血していることに気づき、直哉は「君しつこいから使わせてもろたで、得物」「赤血操術やし止血はお手のもんやろ」「止血に気ぃ回しながらどこまで俺とやれるか試してみよか」と言い放つ。

脹相が「用意がいいな」と言うと、直哉は「内緒やで、ぶっちゃけダサいと思っとんねん、術師が得物持ち歩くの」「それがないと勝たれへんってことやし、意外とおんで、同じ考えのやつ」「俺の兄さん方もブラブラとみっともないねん」「よぉアレで甚爾君のことやいやい言えたもんや」と返していく。脹相が「嫌いなんだな、兄弟が」と言うと、直哉は「嫌いやね」「弟よりデキの悪い兄なんか居る意味ないやろ」「首括って死んだらええねん」と返していく。脹相が「その兄弟達のおかげで、今のオマエがあるのかもしれんぞ」と言うと、脹相は「は?」「今めっっちゃキショいこと言うた?」「ドン引きやわ」と返すが、脹相は「デキが良かろうと悪かろうと兄は弟の手本なんだ」「兄が道を誤ったのなら弟はその道を避ければいい」「兄が正道を歩んだのなら弟は後をついてくればいい」「オマエが強いのはオマエの兄が弱いおかげだったらどうする?」「何故俺がしぶといのか聞いたな」「教えてやる、俺には手本がない、何度も何度も間違える」「それでも弟の前を歩き続けなければならん」「だから、俺は強いんだ」と言い放つ。





詰みだ

大量の血が流れているにも関わらず死なずにいる脹相を見て、直哉は「どーいうこっちゃ!?」「なんでこの出血で生きとんねん」と驚きを見せていた。

九相図は呪霊と人間の混血。呪力を血液へと変換できる特異体質。呪力が枯渇しない限り失血死することもない。

脹相が血液を展開し、直哉は「ヤバイ」「距離をとらされた上に大量の血で奴を見失った」と考えていた。

直哉が「トロい攻撃や」「やっぱ出血で死にかけなんやろ」と脹相の攻撃を躱すが、横から脹相が攻撃を仕掛けてくる。

直哉は「この血を被るわけにはいかん」と大量の血液を回避していくが、その隙に脹相に蹴られ、下半身に血液がかかってしまう。

直哉は「足が重い」「生地に滲みとる血を固定しとんのか」と考えていく。

脹相が「後は分かるな、詰みだ」と構えると、直哉は「どうやろな」と返し「俺の術式は事前に24fpsで作った動きをトレースする」「この程度の足止めやったら問題なく動ける」と考えていく。

脹相は構えたまま撃ってこず、直哉は「なんで、撃ってこぉへんのや」と脹相に突っ込んでいく。

これは150年、自らの術式と向き合い続けた脹相のオリジナル。「超新星」を放っていく。

そこに、虎杖を引きずりながら乙骨が現れる。

乙骨は脹相を一撃で仕留め、「辛そうですね、直哉さん」と言う。

<<前の話 142話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。