呪術廻戦

【呪術廻戦】141話のネタバレ【虎杖が乙骨に敗北|脹相が「赫鱗躍動・載」を発動】

呪術廻戦141話のネタバレを掲載しています。141話では、虎杖がナイフに呪力を籠めて乙骨と戦うが、里香の登場で乙骨に敗北していく。脹相も直哉に苦戦しており、「赫鱗躍動・載」を発動していく。呪術廻戦141話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦141話のネタバレ

なにしてるのォ

虎杖は乙骨の刀を避けながら「まずはこの刀をなんとかしねぇと」「呪力で強化さえしていれば、刃物をそこまで怖いと思ったことはない」「でも、この人相手にそんなこと言ってたら、あっという間に鱠にされちまう」と考えていた。

虎杖は近くにあった車の中からサバイバルナイフを取り出していく。

虎杖は「ビビるな、間合いを詰めろ」「呪力を籠めろ」と考えながら五条とのやり取りを思い出していた。

五条は「タイプによっては得物の扱いを軸に修行を進めるんだけど、呪具頼りとかになって呪力操作が疎かになっても嫌だし」「悠仁にこういうのはまだ先かな」と伝えていた。

虎杖はナイフに呪力を籠めてなんとか乙骨の刀を防ぐが、「習ってねーんだよ」と考えていた。

乙骨が「意識が、刀にいきすぎ」と虎杖を蹴り飛ばすと、虎杖は「ただの前蹴りがなんつー重さだ」と感じていた。

虎杖のナイフが折られ身体も斬られていく。

が、虎杖も乙骨の刀を蹴り折っていく。

乙骨が「折られた」「まぁ、そうだよね、五条先生の教え子だもん」「一筋縄じゃいかないか」と考えていると、虎杖は「傷は深い」「けど、内臓出てねぇ」「これでお互い丸腰だ」と乙骨に突っ込もうとするが、里香が「なにしてるのォ」と止めていく。





「赫鱗躍動・載」

虎杖が「なんだコイツ、式神!?」「どっから出てきた!?」「動けねぇ、なんて力だ」と考えていると、乙骨が「遊んでるだけだよ、リカちゃん」「抑えててね」と刀で虎杖を突き刺していく。

乙骨が「ごめんね、虎杖君」と言うと、宿儺は舌打ちをするが何かに気づい笑みを浮かべていく。

脹相は直哉にフレームに変えられ殴られていく。

脹相が「速い」「術式の種がまるで分からん」「ここまで圧倒されればあちらから開示することもないだろう」「「百斂」どころの話ではない」「体外での血液操作がまるで機能しない」と考えていると、「赫鱗躍動・載」という技を発動していく。

<<前の話 141話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。