呪術廻戦

【呪術廻戦】140話のネタバレ【乙骨の呪力量が五条悟以上だと明らかに】

呪術廻戦140話のネタバレを掲載しています。140話では、虎杖たちの前に乙骨が現れたことで、虎杖・脹相VS乙骨・直哉の展開となっていく。虎杖を追う乙骨の呪力量が五条以上だということが明かされ、乙骨の圧倒的強さが明らかになる。呪術廻戦140話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦140話のネタバレ

提案

虎杖たちの前に現れた乙骨が下りてくる。

乙骨が「誰が虎杖君の何?」と聞くと、直哉は「ちょい待って」「味方やで」「君、乙骨君やろ」「禪院直哉、真希ちゃんのいとこや」「君と同じで虎杖君殺せって言われとる」「安心しぃ、君の邪魔はせぇへん」「その代わり、虎杖君を殺してもそのことを上に暫く黙っててくれへん?」「彼を餌に会いたい人がおんねん」と伝えていく。

脹相は虎杖に「逃げるぞ悠仁」「金髪は種のあるスピードタイプ」「アイツと追いかけっこは美味くない、俺が足止めする」と耳打ちしていく。虎杖が「大丈夫かよ」と返すと、脹相は「俺はな、狙われてるのはオマエだぞ悠仁」「黒髪、乙骨から逃げ切ることだけを考えろ」「五条悟と同じタイプと見た戦ったら死ぬぞ」と伝えていく。

脹相が「昨日の地点で落ち合うぞ」と伝えると、虎杖は「応」と返し、乙骨は「いいですよ、じゃあそっちは任せます」と伝え、直哉は脹相の元に、乙骨は虎杖の元に一瞬で迫っていく。

乙骨に迫られた虎杖は「速い、抜き身の刀を持ってこれかよ」と感じており、乙骨も「速いな、走り出しで潰すつもりだったのに」と感じていた。

脹相が「乙骨の進路を妨害するつもりが読まれていたか」と考えていると、直哉が襲いかかってくる。

直哉が「見てたで、さっき」「「赤血操術」やろ?」「なんで君がそれを持っとんのかは知らんけど、「穿血」以外はそんな怖ない」「ほんで「穿血」出すには、「百斂」、デカいタメがいる」「後は言わんでも分かるやろ」「詰みや、死ぬで君」と言い放つが、脹相は「オマエこそ、俺の弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?」と返していく。



とんでもねぇ呪力量

虎杖の動きを先読みして乙骨が斬りかかるがそれでも躱され、乙骨は「絶対斬ったと思ったのに」と考えながら「真希さんみたいだ」と呟く。

虎杖は車を殴り飛ばして乙骨にぶつけ、「見通しのいい所じゃこの人からは逃げ切れねぇ」「今の内に、屋内に逃げ込む」と逃走を図る。

が、車を投げ飛ばされ防がれる。

乙骨が「驚いた?パワータイプに見えないもんね」「実際非力な方だしね」と言うが、虎杖は「パワーがなくても、とんでもねぇ呪力量だ」と感じていた。

虎杖が「パワー不足を呪力強化で補ってる」「皆やってることだけでこの人がやると」と考えながら「俺と真逆だな」と言うと、乙骨は「気づいた?五条先生より多いんだよ、呪力量」「でも先生には「六眼」があるから術式を発動した時のロスエネルギーが限りなく0なんだ」「パフォーマンスではやっぱり先生が1番だよ、僕に呪力切れはあっても先生にはないしね」「話は終わり」と返し、斬りかかっていく。

虎杖は東堂の「一流の術師ほど呪力の流れが読みづらいものだ、オマエとは違う理由でな」という言葉を思い出しながら「アレは一流ほど呪力操作の精度が高いから、直前まで攻撃が予測できないという意味だ」「でもこの人は、刀を含め全身から常に呪力が立ち昇ってる」「動きを読む・読まない以前の問題」「全ての攻撃が決定打に成り得るし、全てのダメージを最小限に抑えられる」と考えていくが、七海のあ「後は頼みます」という言葉を思い出し、「悪いけど、まだ死ぬわけにはいかねぇんだわ」と言い放つ。

<<前の話 140話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。