呪術廻戦

【呪術廻戦】14話のネタバレ【五条悟の術式が最強すぎるww】

呪術廻戦14話のネタバレを掲載しています。14話では、五条悟の術式が明かされる。最強を語る呪術師の術式はリアルに最強だった!?呪術廻戦14話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦14話のネタバレ

無限

漏瑚は「楽しくなってきた、か」「危機感の欠如」と言う。五条は「わざわざ人のいない所で」「いや、他の術師の加勢を避けたのか」と考える。漏瑚は火礫蟲を出して五条を攻撃するが、五条の目の前ですべて止まってしまう。

五条が「これ当たるとどうなんの?」と火礫蟲に増えると、蟲は大きな音を出してから爆発していく。

が、五条は回避し「音と爆発の二段構え、器用だね」と言う。漏瑚はは炎を五条の顔面に浴びせ、掌からも炎を放ち五条を燃やしていく。

漏瑚は「こんなものか」「蓋を開けてみれば弱者による過大評価」「今の人間はやはり紛い物、真実に生きておらん」「万事醜悪、反吐が出る」「本物の強さ、真実は、死をもって広めるとしよう」と言うが、「この件さっきやったよね」「学習しろよ」と五条は平然な顔をしていた。

漏瑚が「どういうことだ」と言うと、五条は「んー、簡単に言うと当たってない」と返す。漏瑚は「馬鹿な、さっきとはワケが違う」「儂は確かに触れて殺した」と言うが、五条は「君が触れたのは僕との間にあった「無限」だよ」「教えてあげる、手出して」と言う。漏瑚が「殺意はない、探るだけ探るか」と手を出すが、五条に触れる寸前で手が止まってしまう。

見学の虎杖悠仁君

五条が「止まってるっていうか僕に近づく程遅くなってんの」「で、どうする?」「僕はこのまま握手してもいいんだけど」と言うが、漏瑚は「断る」と返す。五条は「照れるなよ、こっちまで恥ずかしくなる」と漏瑚の手を握り腹を殴っていく。

漏瑚は「速い」「ただ呪力で強化した打撃じゃない」「なんだ、分からん、分からねば」と感じていた。五条は「まだまだ」とさらに殴り続けていく。

五条は「無限はね、本来至る所にあるんだよ」「僕の呪術はそれを現実に持ってくるだけ」「「収束」「発散」、この虚空に触れたらどうなると思う?」と言い、術式反転「赫」を放つ。

吹っ飛んだ漏瑚を追い、五条はさらに蹴りを放っていく。

五条は「あっ、ちょうどいいか」とつぶやく。漏瑚は夏油に「いいけど死ぬよ、漏瑚」と言われたことを思い出し、「眉唾ではなかったな」「だが当たらぬなら領域に引きずりこむまで」と考える。五条はなぜか虎杖を連れて来ていた。

<<前の話 14話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。