呪術廻戦

【呪術廻戦】139話のネタバレ【死刑執行人の乙骨が虎杖の前に現る】

呪術廻戦139話のネタバレを掲載しています。139話では、街の呪霊を祓っていく虎杖と脹相の前に、直哉が現れ戦闘となっていく。戦闘を繰り広げる三人が不気味過ぎる気配を感じ取ると、そこには虎杖の死刑執行役に任命された乙骨の姿があった。呪術廻戦139話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦139話のネタバレ

正に鬼神

街に繰り出した虎杖がパンッパンッと何度も手を叩いていくと、呪霊が現れる。

虎杖が大量の呪霊を引き連れて脹相の元に向かう。

脹相が「穿血」を放ち呪霊を一層していく。

残った呪霊を虎杖がワンパンで仕留める。

呪霊を一撃で祓った虎杖を見た脹相は「凄まじいな」「俺と闘った時はパワフルな印象だった」「今はそこに繊細さが加わっている」「淀みない呪力操作、桁違いの膂力」「正に鬼神」「これでまだ全快ではないというのだからな」と感じていた。

脹相が「流石俺の弟だ」と言うと、虎杖は「まだ言ってんの?」と返すが、脹相は「何度でも言うさ、思い出せ、あったハズだ」「オマエの父の額にも縫い目が」と伝えていく。



乙骨襲来

「恵君おらんやん、俺が一番乗り?」と直哉が現れる。

直哉が「君らも何してん」「目立ちすぎやで、逃げる気ないん?」と言うと、虎杖は「逃げる?」と返し、直哉は「何や知らんのか」「君死刑やって、君の後ろだてがのうなったから」と伝えていく。

直哉が「俺が用あんのは恵君やからぶっちゃけ君は生死はどーでもええんねん」「でも、チョコマカされんのもアレやし、とりあえず足でも折っといたろかな」と言うと、虎杖が「伏黒に何の用だよ」と言うと、直哉は「死んでもらお思て」「その前に一筆書いてくれると助かるねんけどな」と言い放ち、一瞬で虎杖と脹相の間合いに入っていく。

直哉が「恵君、君を捜してるんやって」と言いながら脹相と虎杖を同時に捌いていく。

虎杖が「速いっちゃ速いんだけど」と直哉の動きに違和感を感じていると、脹相は「術式だろうな」と告げていく。直哉が「思ったよりやりよるんやね、正直ナメてたわ」と言うと「器はまぁ分かるとしてとなりのは何者や」と考えていた。

直哉が「もうちょい速うしてみるか」と言うと、三人は不気味過ぎる気配を感じ取る。

虎杖が「五条先生!?」「いや、もっと不気味な」と感じると、そこには乙骨の姿があった。

<<前の話 139話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。