呪術廻戦

【呪術廻戦】135話のネタバレ【まさかの九十九由基が登場】

呪術廻戦135話のネタバレを掲載しています。135話では、裏梅の氷凝呪法の圧倒的強さに、虎杖らは追い込まれていく。虎杖らは氷凝呪法で死を直感するが、そこに九十九由基が駆けつける!?呪術廻戦135話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦135話のネタバレ

氷凝呪法

脹相が「俺の術式の影響なんだ」「血の繋がった弟達の異変はどんなに遠くにいようと感じとれる」「「死」、それは生物にとって最期にして最大の異変」「俺はあの時眼前で、虎杖悠仁の「死」を強烈に感じとってしまったのだ」「つまり、悠仁も血の繋がった俺の弟」「加茂憲倫が体を転々とし生き永らえているならば、なにもあり得ない話じゃない」「ならば俺は、全力でお兄ちゃんを遂行する」と考えながら、赤血操術を発動しようとする。

憲紀は「なんて圧力だ」と感じていた。脹相が穿血を放つと、裏梅は何とか防いでいく。

脹相の体術に夏油が合わせていく。

夏油が「無理するなよ、疲れてるだろ」と言うと、脹相は「だから何だ」「それが弟の前で、命を張らない理由になるか?」と返していく。パンダが「一応聞くけど他人だよな?」と聞くと、虎杖は「他人どころか一回殺されかけてるよ」と返し、パンダは「東堂といいヤバイフェロモンでも出てるんじゃないのか?」と言う。憲紀が「だがおかげで場が乱れた、この機に乗じるぞ」と言うと、パンダは「まだ2機残ってる俺が前に出る」「全員でかかれば隙くらいできるだろ」「なんとしても獄門疆を奪い取るぞ」と伝えていく。

パンダが技を放とうとするが、裏梅が氷凝呪法「霜凪」でパンダたちを一斉に凍らせていく。





九十九由基

夏油が「殺すなよ、メッセンジャーは必要だ」と言うが、裏梅は「全員生かす理由になるか?」と返していく。裏梅が反転術式で穿血を防いだ指を治していくと、日下部は「反転術式、呪術のスケールが段違いだ、帰りてぇ〜」と考えていた。

脹相が「この程度の氷」と呟き赤鱗躍動を発動するが、裏梅が「どの程度だ?」と脹相に止めを刺そうとする。

が、虎杖が氷から脱出し、脹相を救うと裏梅は「誰の肉体だと」と怒りを露わにしていく。

虎杖が「俺だけ氷結が甘かった、宿儺関連だな」と考えながら「味方でいいんだな!?」と聞くと、脹相は「違う、俺はお兄ちゃんだ」と返していく。

西宮が付喪操術「鎌異断」を放つが、裏梅は素手で払っていく。

西宮が「素手で払うとかヘコむんだけど」と考えながら「虎杖君、今動けるのは私達だけ」「歌姫先生の準備ができるまで時間を稼ぐよ」と伝えていく。

裏梅が「メッセンジャーなんて、虎杖悠仁一人で、事足りるでしょう」と氷凝呪法「直瀑」を放ち、虎杖らが死を直感する。

が、九十九由基が虎杖らを救い、「久しぶりだね夏油君」「あの時の答えを聞かせてもらおうか」「どんな女がタイプだい?」と言い放つ。

<<前の話 135話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。