呪術廻戦

【呪術廻戦】133話のネタバレ【真人が夏油に取り込まれる展開に!?】

呪術廻戦133話のネタバレを掲載しています。133話では、冥冥や脹相などの行方不明だったキャラたちの動向が明かされる。そして、真人が夏油に黒い球に変えられ取り込まれる展開に!?呪術廻戦133話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦133話のネタバレ

それぞれの動向

23:09、東京メトロ渋谷駅B5F副都心線ホームに東堂と新田が来ていた。

東堂が「どうやら夏油傑は既に獄門疆を持ち去ったようだな」と言うと、新田が「そんな」と返すが、東堂は「切り替えろ」「五条悟を取り戻す戦いから、味方を救い、できうる限り敵戦力を削ぐ戦いへと今目的が変わったんだ」「急ごう、虎杖なら近くに来ているはずだ」と伝えていく。

23:28、渋谷ストリーム前でパンダが瓦礫に埋まった日下部を見つけていく。

日下部が「パンダよ、随分と話が違ぇじゃねぇかよ、虎杖だよ」と言うと、パンダは「いやアレは宿儺」と返すが、日下部は「肉体の主導権は虎杖にある、そういう話だったろ」「先に言っとくぞ、五条が消えて今後虎杖にどんな処分が下ろうと、俺が虎杖側につくことはない」「俺は虎杖悠仁の死刑に賛成だ」と伝えていく。

22:36(現地時間)、マレーシア クアランプールで冥冥が憂憂と同じ部屋で過ごしていた。

冥冥に電話が入り、「夜分にすまないね、ああそっちは朝か」「私?KL」「そう、憂憂の術式だ、殺されそうになったんでね」「日本の株と東京の不動産は全て売り払った方がいいよ、私はもう円も替えた」「そう、今すぐにだ」「主要先進国への負の連鎖も免れないだろう」「腐っても日本は世界第3位の経済大国だからね、まぁ塩梅は任せるさ」「いいよお礼なんて、いつも通りインサイドでいてくれたら」「フフ、今後ともよろしく」と伝えていく。

23:28、渋谷駅B3F田園都市線ホームで脹相が虎杖に「どったの兄ちゃん具合悪い?」と言われた過去を思い出していた。

脹相は「行かなければ」「虎杖悠仁、オマエは何者だ」「知らなければ、俺は何だ?」とつぶやいていく。

これからの世界

23:36、渋谷警察署宇田川交番跡で夏油が「助けてあげようか、真人」と言う。

虎杖は「今夏油って言ったな!?」「袈裟に額の傷、ここにいるってことは」と考えながら、「返せ、五条先生を返せ」と夏油に突っ込んでいく。夏油は「鯰が地震と結び付けられ怪異として語られたのは江戸中期」「地中の「大鯰」が動くことで地震が起こると信じられていたんだ」と言いつつ、呪霊で虎杖を攻撃していく。

虎杖は何が起きたか理解できていなかったが、夏油は「落ちたと思っただろう」「端から見れば君が勝手に引っくり返っただけなんだがね」と伝えていく。

夏油は「呪霊操術の強みは手数の多さだ」「準1級以上の呪霊を複数使役し、術式を解明・攻略されようとまた新しい呪霊を放てばいい」「勿論その間を与えずに、畳みかけるのもいいだろう」と言い、ムカデのような呪霊で攻撃していく。

虎杖が「んなもん」と振り払おうとするが、先ほどの鯰の呪霊との連携攻撃を仕掛ける。

夏油は「去年の百鬼夜行、新宿と京都に戦力を分散させなければ勝っていたのは乙骨ではなく、彼だったろう」「君には関係のない話だったかな」と伝えていく。

虎杖がボロボロになりながらも「返せ」と言うと、夏油は「我ながら流石と言うべきか、宿儺の器タフだね」と返す。真人が夏油に襲いかかるが、夏油に躱され「知ってたさ、だって俺は人間から生まれたんだから」と言い、夏油に黒い球に変えられていく。

夏油は「続けようか、これからの世界の話を」と告げていく。

<<前の話 133話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。