呪術廻戦

【呪術廻戦】131話のネタバレ【真人最終形態が強すぎる】

呪術廻戦131話のネタバレを掲載しています。131話では、最終形態となった真人と虎杖の死闘が描かれる。虎杖の攻撃が真人に一切通用しなくなってしまい、虎杖の思いついたことは最大呪力の黒閃を放つことだった!?呪術廻戦131話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦131話のネタバレ

別次元の存在

虎杖が「今までの手段としての変形じゃない、何が違う?」と考えていると、真人は「ハッピーバースデーってやつさ、虎杖」と言う。

真人が「黒閃を経て理解したんだ、俺の本当の剥き出しの魂を」と言うと、虎杖は「驚いたよ、オマエが自分探しをするタイプだったとはな」と返す。真人は「クックッ、そうだな」「でも仕上げはこれからだ」「オマエを殺して、俺は初めてこの世に生まれ堕ちる」と言い放つ。

真人が地面をえぐり取るが、虎杖は躱して蹴りを放つ。

真人は虎杖の蹴りを躱し、尻尾で攻撃していくが虎杖は足で防いでいく。

虎杖が真人を殴りつけるが、「固い」「生身で、あの時以上に」と感じていた。

真人の攻撃を防ぎながら吹き飛ばされ、虎杖は「そういうことか」「コイツはもう、呪霊として変身前とは別次元の存在に成ったんだ」と感じていた。





黒閃をブツけるしかない

真人は虎杖の顔を掴み地面に叩きつけていく。

虎杖は「コイツを倒すには黒閃を」「俺の最大呪力出力の黒閃をブツけるしかない」と考えていた。

が、虎杖は膝が限界を迎え震えていることに気づく。

真人も体の一部が崩れ、「一瞬とはいえ領域展開直後に黒閃を喰らったのがマズったな」と感じていた。

虎杖は膝を何度も叩いていく。

真人が「お互い、元気いっぱいだな」と言うと、お互い攻撃を放つ構えを取っていく。

<<前の話 131話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。