呪術廻戦

【呪術廻戦】130話のネタバレ【真人が魂の本質を掴み最強モードに突入】

呪術廻戦130話のネタバレを掲載しています。130話では、東堂が真人の領域展開で左手を失う事態になるが、決死の覚悟で虎杖にアシストし、虎杖が黒閃を決めていく。土壇場に真人は自身の魂の本質を掴み、覚醒モードに突入していく!?呪術廻戦130話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦130話のネタバレ

東堂の覚悟

真人は一か八か0.2秒の領域展開を発動。

東堂は領域から身を守る術、九十九由基直伝簡易領域を展開。それよりも速く「無為転変」の解放前に真人を祓うため、虎杖は駆け出していた。が、さらに速く真人は術式を発動。生得領域の具現化と術式の発動。本来2段階の工程を1つにまとめるという黒閃を経た覚醒状態が可能にした早業である。

真人は宿儺の元に来ていた。

真人は「セーフってことでいいのかな、宿儺」「アンタのことだ、虎杖との間に保険は作ってあるんだろ?」「させねぇよ、代わる間もなく虎杖は殺す」「黙ってここで見ててくれ」と言う。

真人の無為転変で東堂の左手に異変が生じると、東堂は即座に左手を切断する。

領域展開後、肉体に刻まれた術式は一時的に焼き切れ使用困難となる。真人はそのことを里桜高校での遁走から理解していた。真人は「なんだよ、せっかくオシャレにしてやったのに」と言い、黒閃を放つ。

が、東堂は山勘で腹に全呪力を集中させてダメージを最小限に抑えていた。

真人は「術式は回復した、叩く手はもうない」「今度こそ「無為転変」で確実に殺す」と東堂との間合いを詰めていくが、東堂は真人の右手を叩き虎杖と位置を入れ替えていく。

魂の本質

東堂を入れ替わった虎杖は黒閃を放つ。

東堂は「一瞬でも触れたんだ、これで済んだだけでも奇蹟だな」と考えていた。

虎杖は「後は任せてくれ東堂」「ありがとう、東堂」と考えていた。真人は「多重魂」「幾魂異性体」を放ち虎杖の行く手を阻む。

真人は「クソッ」「このタイミングで黒閃をモロに喰らうとは、最後までふざけやがってあのゴリラ」「だがついに掴んだ、俺の魂の本質、本当の形を」と考えていた。

真人は「無為転変」「偏殺即霊体」を発動し、異形な姿へと変わっていく。

<<前の話 130話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。