呪術廻戦

【呪術廻戦】129話のネタバレ【真人がまさかの0.2秒の領域展開を発動】

呪術廻戦129話のネタバレを掲載しています。129話では、虎杖・東堂VS真人の戦いが佳境に突入していく。虎杖と東堂の連携に苦戦する真人は、まさかの0.2秒の領域展開を発動していく!?呪術廻戦129話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦129話のネタバレ

幾魂異性体

真人が「アゲてけよ、虎杖」「俺とオマエ、最後の呪い合いだ」と言うと、東堂が「おいおい」「俺は仲間外れかい!?」と考えながら真人を掴んで地面にこかしていく。

虎杖が真人を蹴ろうとするが、首を自切して回避。

真人の体から顔が生え、虎杖と東堂を襲う。

さらに、自切した顔のほうと分裂し、「多重魂」「幾魂異性体」を発動する。

東堂は「単純な5:5の分裂ではないな」「俺と虎杖をしっかりと足止めできていたことから力の配分はおそらく8:2」「そして、距離を取った上で術式を行使していたことから弱体化している2が本体」「そちらを虎杖に確実に潰させる」「改造人間の等級は3級〜2級弱と聞く」「手早く潰せ、東堂葵」と考えていた。

が、東堂は改造人間の一撃で吹っ飛ばされていく。

真人の0.2秒の領域展開

改造人間の一撃でめちゃくちゃに吹っ飛ばされる東堂。

が、瓦礫と位置を入れ替え一撃で屠っていく。

東堂は「死んでいる」「あれだけのパワーがありながらたった一撃で」「ん、成程」「複数の魂を一瞬で燃やし尽くすことで爆発的にパワーを得たわけか」「超攻撃型改造人間、それがもう2体」と考えていた。

真人は「チョンマゲゴリラとの分断は済んだ」「このまま押し切る」と虎杖に攻撃を放つ。

虎杖は躱しながら間合いを詰め、真人に蹴りを放つが防がれ逆に投げられてしまう。真人が追い討ちをかけようとするが、そこに東堂が駆けつける。

真人は「幾魂異性体2では仕留めきれなかったか」「コイツに攻撃を当てるのはかなりハードルが高い」「かと言って領域を展開すれば俺は宿儺に触れ殺される」「結界術は複雑だ」「虎杖を除外して領域を展開する技量は俺にはない」「ならばどうするか」「それを教えてくれたのは」と、0.2秒の領域展開を発動していく。

<<前の話 129話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。