呪術廻戦

【呪術廻戦】128話のネタバレ【虎杖・東堂VS真人が最終局面に突入】

呪術廻戦128話のネタバレを掲載しています。128話では、渋谷事変を知った京都校メンバーがもう決着がつく頃にも関わらず新幹線で東京に向かっていく。そして、虎杖・東堂VS真人が最終局面に突入していく!?呪術廻戦128話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦128話のネタバレ

渋谷に向かう京都校メンバー

新幹線で東京に向かう三輪にメカ丸は「もう決着がつく頃ダ」「今から渋谷に向かっても意味はなイ」「戻るんダ、三輪」と言う。

三輪が「なんで東堂先輩と新田君だけ」と聞くと、メカ丸は「東堂は渋谷でも9割9分死なんと判断しタ」「東堂と同行している新田もナ、アイツの術式は役に立ツ」と答える。三輪が「私は」「私は役立たず?」と聞くと、メカ丸は「もうそういう次元の話じゃないんダ」「オマエだけじゃなイ」「真依、加茂、西宮、歌姫も31日は京都以南の任務に就くように細工しておいた」と返す。三輪が「なんで何も言ってくれなかったの?」「なんで相談してくれなかったの?」「私達は仲間じゃないの?」「私が弱いから?」と聞くと、メカ丸は「違ウ、弱いのは俺ダ」「弱いからやり方を間違えタ」「弱いから間違いをつき通せなかっタ」「大好きな人がいたんダ、どんな世界になろうと俺が側で守ればいいと思っていタ」「その人が守られたいのハ俺じゃなかったかもしれないのニ」「時間ダ、三輪」「さよなら今まで」「三輪、幸せになってくれ」「どんな形であれオマエが幸せなら俺の願いは叶ったも同然だ」と返し、窓には与の姿が映っていた。

新幹線には真依、加茂、西宮、歌姫も乗車していた。

真依が「歌姫先生、メカ丸がしたことは」と聞くと、庵は「不問よ、本人が死んでるんだもの」と返す。加茂が「随分と低く見積もられたものだな」と言うと、西宮は「ね」「っていうか東堂君なら死なないとか私達なら死ぬとか関係ないっつーの」「カワイイ後輩を泣かした奴はブチ殺す」とブチギレる。

最後の呪い合い

真人虎杖、東堂を相手にしながら「チョンマゲゴリラの魂は万全だが今の俺ならワンタッチで殺せるか?」「虎杖の魂は残り1割ってところかな」「そして俺の魂は残り4割」「分身が潰されたこととあのラッシュと黒閃で随分削られた」「それも全てあの女のせいだ、雑魚のくせいに爪痕はしっかり残しやがって」「まずは厄介な位置換えから消す」と考えていた。

真人が東堂に攻撃するが、東堂は改造人間と位置を換え躱していた。

真人は「無生物との位置換え」「解放前の改造人間の呪力も拾えるのか」と考えていた。東堂は以前「そのレベルで満足していると俺とオマエは親友ではなくなってしまう」と虎杖に言ったことを思い出し、「この呪霊も既に黒閃をキメているという」「今置いていかれているのは俺」「強くなったな虎杖、オマエはそれでいいのか?東堂葵」「再び虎杖を独りにする気か!?東堂葵」と考え、東堂も黒閃を決めていく。

真人は「どんなに強力な一撃、黒閃を繰り出そうと魂に響かないオマエの攻撃は無意味なんだよ」と考えていたが、これにより三者それぞれが120%の潜在能力を引き出すに至る。

真人は大量の改造人間を吐き出し、「多重魂」「撥体」を放つ。

東堂は「入れ替え無意味の全方位範囲攻撃」「こいつギアが」と感じていた。真人は「アゲてけよ、虎杖」「俺とオマエ、最後の呪い合いだ」と言い放つ。

<<前の話 128話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。