呪術廻戦

【呪術廻戦】127話のネタバレ【東堂葵の名言が熱すぎる】

呪術廻戦127話のネタバレを掲載しています。127話では、虎杖の窮地に現れた東堂と真人が戦っていく。東堂の言葉のおかげで、虎杖は戦意を取り戻し、東堂と共に真人に立ち向かっていく。呪術廻戦127話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦127話のネタバレ

オマエは何を託された?

虎杖は東堂に「俺はもう戦えない」「釘崎だけじゃない、ナナミンも死んだ」「宿儺がいっぱい殺したんだ」「だから俺はもっといっぱい人を助けなきゃって」「だけどできなかった、俺はただの人殺しだ」「俺が信念だと思っていたものは俺のための言い訳だったんだよ」「俺はもう俺を許せない」と伝える。

そんな虎杖に真人が「声が小さくて聞こえねぇよ」と襲いかかるが、東堂の不義遊戯で位置を換えられ躱される。

もう一度不義遊戯で位置を入れ替え、東堂が渾身の蹴りを放っていく。

真人は新田に攻撃しようとするが、またしても東堂が不義遊戯で位置を入れ替え攻撃を防いでいく。

真人は「面白い」「分かっていてもここまで混乱するものなのか」と感じていた。東堂は「虎杖、オマエ程の漢が小さくまとまるなよ」「俺達は呪術師だ」「俺とオマエと釘崎、Mr.七海、あらゆる仲間俺達全員で呪術師なんだ」「俺達が生きている限り死んでいった仲間達が真に敗北することはない」「罪と罰の話ではないんだ」「呪術師という道を選んだ時点で俺達の人生がその因果の内に収まりきることはない」「散りばめられた死に意味や理由を見出すことは時に死者への冒涜となる」「それでもオマエは何を託された?」「今すぐ答えを出す必要はない」「だが、答えが出るまで決して足を止めるな」「それが呪術師として生きる者達へのせめてもの罰だ」と言い放つ。

反撃の黒閃

東堂は「あのことを今の虎杖に言う必要はないな」と考えながら、真人に向かっていく。新田は虎杖に自身の術式を施し、「今まで君が受けた傷はこれ以上悪化しません」「治ってはいませんが出血も止まり痛みもやわらぐでしょう」「でも今ある傷だけです」「また攻撃をくらえば傷は増えるしその傷に関しては俺の術式対象外です」「あっちの子にも同じ処置をしました」「呼吸も脈も止まってましたが時間はそんなに経ってないんで助かる可能性は0じゃない」「俺は彼女連れて離脱します」「0じゃないだけですからね、あんま期待せんといてくださいよ」と伝え、その場を去っていく。

真人は体の形状を変えて東堂に襲いかかるが、東堂は位置を入れ替え真人を投げようとする。

が、真人は背中に体を作り東堂に襲いかかる。

しかし、東堂はさらに位置を入れ替えて躱していく。

真人は「やり手だな」「くたばり損ないの虎杖と距離を取りながら俺をいなしている」と感じながら、「それだけじゃないんだよね」と足元に設置した改造人間を変形させて攻撃するがそれも躱される。

真人は「躱すか」「来いよ、位置替え」「対応してみせる、必ず当てる」「黒閃をもう一度キメたい」「もう少しで辿り着ける気がする」「俺の魂の本質へ」と考えていた。東堂が手を叩くと横には虎杖がいた。

そして、黒閃を放っていく。

東堂のおかげで再び虎杖が戦意を取り戻していく。

<<前の話 127話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。