呪術廻戦

【呪術廻戦】126話のネタバレ【虎杖の窮地にまさかの東堂が参戦】

呪術廻戦126話のネタバレを掲載しています。126話では、釘崎の死で心が限界を迎えた虎杖が、真人の黒閃によって追い詰められる。が、そこにまさかの東堂が参戦してくる!?呪術廻戦126話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦126話のネタバレ

花御の黒閃

釘崎はコーヒーをこぼし、五条のシャツにぶちまけてしまっていた。

釘崎が「クリーニング済のシャツを私達に任せて置いていった伊地知さん」「コーヒーをこぼした釘崎」「どっちが悪い」と聞くと、虎杖と伏黒は「釘崎」と答える。シミ抜きをするが汚れが落ちることはない。釘崎が「ま、どーせ安物でしょ」「伏黒、タグのブランド調べて」と言い、値段を調べると25万円のシャツだった。

「仕方ない、私が9万出すわ」「2人は8万ずつ」と釘崎が言う。五条が「伊地地から僕のシャツ預かって」と来るが、伏黒の異変に気づく。

顔面を吹き飛ばされた釘崎を見る虎杖。

虎杖は脹相戦の敗北、宿儺による大量殺人、七海の死で心が限界を迎えていた。真人は「ゾクゾクする、自分の才能に」「あぁ、俺って、俺こそが「呪い」だ」と、虎杖に黒閃を放つ。

東堂が参戦

真人は虎杖をボコりながら「どーせ、オマエは害虫駆除とか、昔話の妖怪退治とか、その程度の認識で渋谷に来たんだろ!?」「甘ぇんだよクソガキが」「これはな戦争なんだよ、間違いを正す戦いじゃねぇ」「正しさの押しつけ合いさ、ペラッペラの正義のな」「オマエは俺だ、虎杖悠仁」「俺が何も考えずに人を殺すように、オマエも何も考えずに人を助ける」「呪いの本能と人間の理性が獲得した尊厳」「100年後に残るのはどっちかっつーそういう戦いだ」「そんなことにすら気づけない奴がどうして俺に勝てるよ」「なぁ、虎杖悠仁、殺した呪いを数えたことはあるかい?」「ないよな、俺も俺も」「殺した人間の数とかマジでどーでもいいもん」「オマエの事もそのうち忘れるさ」と言う。そして、虎杖に止めを刺そうとするがそこに虎杖の姿はなかった。

現れたのは東堂で、東堂の術式によって虎杖の位置が変えられていた。

真人は「何が起こった?」「顔面のキズ」「今のは位置入れ替え」「花御を追い込んだ術師か」と考えていた。東堂の元に「あっちの子の処理終わりました」と京都高専1年の新田新が現れる。

東堂は虎杖に「起きろ虎杖」「俺達の戦いはこれからだ」と言う。

<<前の話 126話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。