呪術廻戦

【呪術廻戦】123話のネタバレ【真人のさらなる弱点が明らかに】

呪術廻戦123話のネタバレを掲載しています。123話では、虎杖と真人、釘崎と真人の分身体が戦っていく展開に。釘崎と真人分身体との戦いの中で、真人のさらなる弱点が明らかになる!?呪術廻戦123話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦123話のネタバレ

真人VS虎杖・真人VS釘崎

3人の一般人を殺しながら、真人は「もうちょい陀艮に人間残してもらえば良かったかな」と考えつつも、「ま、十分か」と一般人を追ってきた虎杖に放っていく。

吹っ飛ばされた虎杖は一般人に「大丈夫か!?」と声をかけるが、すでに改造人間にされてしまっていた。

そのまま弾け血で虎杖の目を潰し、背後から真人が襲う。

地上では釘崎と分身の真人が戦いを繰り広げる。

分身の真人は「俺の両手を警戒してる」「七三術師から報告を受けてるんだろうな」「だが俺は分身だ」「本体のように自分の形は変えられても改造人間をイジったり他者の魂に干渉はできない」「勝手に神経擦り減らしてくれて助かるよ」「虎杖じゃないんだ、こっちは形変え放題」と腕を伸ばして攻撃を仕掛ける。

真人のさらなる弱点

真人はさらに体の形を変え釘崎を攻撃していく。

が、釘崎の攻撃は真人に効かず、真人は「だからさぁ、効かないんだって、知ってんでしょ?」と言う。釘崎は「分かっててもやんなきゃなんねぇ時があんだよ」と返し、真人に釘を放っていく。

釘崎は上に登り、「やるよ」と釘を落とし「簪」を発動していく。

上から降りてきたので、真人は「何がしたいんだコイツ」と考えるが釘崎はもう一度「簪」を発動し真人の分身体にダメージを与える。

一度目の「簪」は落ちていた釘の先端を上に向けるために発動していた。真人は「まぁ、だからなんだよって話」と余裕を見せていたが、釘崎は「ずっと考えてたんだ」「アンタの術式聞いた時からコレは効くんじゃないかって」と言い、「共鳴り」を発動していく。

すると、虎杖と戦う真人にダメージが入る。

釘崎は「共鳴り」で真人の肉体を通して魂を打ち抜く算段だったが、「共鳴り」は分身を通して本体の魂を捉えた。そして、本体の受けた魂のダメージは分身に返ってきた。

「共鳴り」を食らった真人は「まさか、まさかだ」「俺の天敵は虎杖悠仁だけではなかった」と考えていた。

釘崎は「妙だな」「少し離れた所で私の呪力が爆ぜる感じがした」「なんつーか呪力の圧も半端だし」「あの時もガッツリ私に触れりゃいいのによぉ」「オマエ分身かなんかで術式使えねぇんだろ」と言うと、真人は「正解」と返していく。

<<前の話 123話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。