呪術廻戦

【呪術廻戦】121話のネタバレ【虎杖VS真人が互角の戦いを繰り広げる!?】

呪術廻戦121話のネタバレを掲載しています。121話では、虎杖と真人の戦いが始まっていく。互角の戦いが繰り広げられるが、戦いの行方はいったい!?呪術廻戦121話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦121話のネタバレ

虎杖VS真人

真人に向かっていく虎杖。真人はストックの改造人間で行く手を塞ぐ。

真人は「多重魂」「撥体」で攻撃。

「多重魂」は二つ以上の魂を融合させる技で、「撥体」は多重魂によって発生した拒絶反応を利用して魂の質量を爆発的に高め相手に放つ技となっている。虎杖は「撥体」を力で止めるが、口の中から真人が現れ顔面を思い切り殴られる。

「もっとふんばりがきけば顔面を貫けたかな」と真人は言う。

「卍蹴り」

「どうしてオマエは何度も何人も人の命を玩ぶことができるんだ」と虎杖が言うと、「くははっ」「指折り数えて困り顔で殺せば満足か?」「次からそうするね」「ペラッペラのオマエにはペラッペラの解答を授けよう」「虎杖悠仁、オマエは俺だ」と真人が返す。

「あ゛」と虎杖はキレるが、真人は「いちいちキレんなよ」「呪いの戯言だろ?」「だがな、そいつを認めない限りオマエは俺には勝てないよ」と言う。「ベラベラとよく喋るな、遺言か?」と相変わらずブチギレている虎杖だが、七海を思い出し「ナナミンなら怒りで我を忘れるなんてヘマはしなかった」「証明しろ、俺は呪術師だ」と怒りを抑えていく。

真人は「虎杖に俺の術式「無為転変」は効かない」「自身の魂の形を広げるのは的が大きくなり自殺行為といえる」「変形はさっきのように削られても問題のない部位」「俺の強度が落ちない範囲に留めると虎杖は考えている」「呪力の流れから俺の変形を先読みするつもりだ」「魂の形は変えない」「最高強度、この原型」「純粋な呪力強化で虎杖の心臓をブチ抜く」と考えていた。が、真人の拳は空を切り、真人の視界から虎杖が消える。

「膝抜き」は古武術における予備動作を消す技。虎杖は膝だけでなく股関節・肩と抜いていき倒れるより滑らかに真人の足下へ移動。低姿勢から力の流れを殺さず旋らせ躰道の「卍蹴り」を放つ。

虎杖の蹴りは真人の顔面にクリーンヒットし、さらに追撃の蹴りを放つ。虎杖の攻撃を受け、真人は「いいね続けよう、ラウンド2だ」と言う。

<<前の話 121話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。