呪術廻戦

【呪術廻戦】119話のネタバレ【宿儺の能力・領域展開の秘密が明らかに】

呪術廻戦119話のネタバレを掲載しています。119話では、宿儺の能力や領域展開の秘密が明らかに。そして、宿儺と魔虚羅の戦いが決着を迎えます。呪術廻戦119話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦119話のネタバレ

宿儺の能力

宿儺の斬撃は二種類あり、通常の斬撃「解」と呪力差・強度に応じて一太刀で対象を卸す「捌」が存在する。

伏魔御廚子は他の領域と異なり結界で空間を分断はしない。結界を閉じず生得領域を具現化することはキャンバスを用いずに空に絵を描くに等しい神業だったが、相手に逃げ道を与えるという縛りによって必中効果範囲が底上げされ、最大半径約200mまで届けることを可能としていた。

宿儺は伏黒恵への影響を考慮し、効果範囲を半径140m地上のみに絞り攻撃を始める。必中効果範囲内の呪力を帯びたモノには「捌」が、無生物に「解」が伏魔御廚子が消えるまで絶え間なく浴びせられる。これにより魔虚羅に無限の斬撃が浴びせられる。

魔虚羅撃破

魔虚羅の唯一の破り方は初見の技で適応前に屠るというものだった。捌はその条件を満たしているが、適応が「解」ではなく斬撃そのものに行われた場合はその限りではなかった。魔虚羅の再生が終わろうとしていた。そこに宿儺が「開(フーガ)」と唱え、魔虚羅に炎の矢を放っていく。

これにて魔虚羅を屠ったようで宿儺は魔虚羅の法陣を投げ捨てる。サイドテール呪詛師が宿儺を見ると「何を見ている」「去ね」と宿儺が言い放つ。

サイドテール呪詛師の名前が重面春太と明らかになる。重面の術式は奇跡を貯めるというものだった。日常の小さな奇跡を重面の記憶から抹消し貯える。貯えられた奇跡は重面の命に関わる局面で放出される。奇跡の多寡は目元の紋様で識別できるが重面はそれを自覚していなかった。

重面は「今日も生き延びた」と宿儺の元から離れていこうとするが、貯えられた奇跡は七海との戦いですでに使い果たしており、宿儺に斬撃で卸されていた。

宿儺は「そろそろだな」と何かを感じていた。宿儺が一瞬にして伏黒を家入の元に運ぶ。夜蛾はその姿を一瞬捉えていたようで、「今一瞬見えたのは虎杖」「いや宿儺なのか!?」と考えていた。

<<前の話 119話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。