呪術廻戦

【呪術廻戦】112話のネタバレ【両面宿儺が復活】

呪術廻戦112話のネタバレを掲載しています。112話では、指を取り込んだことで宿儺が虎杖の体を乗っ取り、一時的に復活。宿儺VS漏瑚の戦いに突入していく!?呪術廻戦112話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦112話のネタバレ

宿儺の復活

漏瑚が虎杖に宿儺の指を10本飲ませ、これで虎杖は15本の指を飲んだことになる。漏瑚が殺したと思われた菜々子と美々子はおそらく術式のおかげでなんとか生きていた。

そこに虎杖の体を乗っ取り、目覚めた宿儺が現れる。

宿儺を見た漏瑚は、五条悟とはまた異質な強さであることを実感する。菜々子と美々子も息をすることすら許されないような殺気を感じている。宿儺が「頭が高いな」と言うと三人ともひれ伏すが、片膝立ちだった漏瑚に「片膝で足りると思ったか?」と謎の斬撃攻撃が飛ぶ。

宿儺VS漏瑚!?

宿儺は復活させた礼に3人の頼みごとを聞いていく。美々子は宿儺に夏油の解放を頼む。「私達はもう一本の指の在り処を知っています」「そいつ(夏油を乗っ取っている者)を殺してくれればそれを教えます」と宿儺に伝えると、宿儺の攻撃で美々子の頭が一瞬で吹き飛ばされる。

たかが指の一、二本で指図したことで宿儺の怒りを買い、美々子は殺されてしまった。美々子が殺されたことで怒った菜々子は、スマホで宿儺の写真を撮ろうとするが、その前に菜々子も宿儺の能力で細切れにバラされてしまう。

そして、宿儺は残った漏瑚に何の用があるのかを聞く。が、漏瑚は「用はない」と返す。漏瑚の目的は宿儺の完全復活。が、現在は虎杖の適応が追いつかず、一時的に自由を得ているにすぎない状態。そこで、漏瑚は宿儺に虎杖が戻る前に肉体の主導権を永劫得るための縛りを作るように言う。が、宿儺は「必要ない」と返す。宿儺には宿儺の計画があり、虎杖の体を乗っ取る必要はないと考えていた。

しかし、漏瑚の必死の様子を見て、指の礼に一つ提案をする。宿儺は「自身に一撃でも入れることができれば呪霊の下についてやる」と言う。宿儺VS漏瑚の戦いが始まる!?

呪術廻戦112話の感想

宿儺が一時復活しましたが、やはり宿儺復活は熱いですね!!しかも、今まで宿儺のガチバトルは描かれてこなかったですが、漏瑚との戦いで宿儺のガチバトルが見れるかもしれません。宿儺の能力の詳細が明らかになるかもしれないので、次回はまじで必見ですね!!

<<前の話 112話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。