呪術廻戦

【呪術廻戦】110話のネタバレ【甚爾との戦いで陀艮死亡!?】

呪術廻戦110話のネタバレを掲載しています。110話では、領域に入ってきた禪院甚爾と陀艮の戦いが描かれます。また、特級呪具游雲の秘密も明らかに!呪術廻戦110話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦110話のネタバレ

甚爾乱入

伏黒が開けた領域の穴からまさかの禪院甚爾が侵入してくる。

甚爾は真希の游雲を掴むとあっさり真希から游雲を奪っていく。ただの力比べで負けた事実に驚く真希。

オガミ婆の降霊術はオガミ婆の死後も継続するが永遠というわけではない。器である孫の呪力が尽きた時点で降霊も終わるはずだったが、禪院甚爾の肉体に上書きされた孫の魂に呪力はなく、肉体は呪力を消費しないため術式を終了する契機を失っていた。そして、禪院甚爾は器が壊れるまで本能のまま戦い続ける殺戮人形と化してしまった。

甚爾の狙いは強者。游雲を手に取る游雲は領域の主である陀艮と対峙する。陀艮が式神を出して攻撃しようとするが、甚爾のスピードと破壊力にやられてしまう。

呪力がないにも関わらず圧倒的な力を持つ甚爾にビビる陀艮。さらに式神を出して攻撃を仕掛けるが、すべて蹴散らされてしまう。より強力な式神を出して動きを止めようとするが、甚爾はそれらも簡単に倒していく。

游雲は特級呪具の中で唯一術式効果が付与されていない呪具。純粋な力の塊であり、それ故その威力は持つ者の膂力に左右され、甚爾が使うと絶大な威力を発揮することができた。

陀艮死亡!?

甚爾の圧倒的強さを見て陀艮撃破を甚爾に賭ける七海。甚爾は游雲をぶつけて研ぎ、先端を尖らせていく。

陀艮は甚爾の圧倒的過ぎる力を前に敗北を予期し出していたが、伏黒の領域の弱まりを感じており、「必中効果さえ取り戻せば全員殺せる」と考えていた。時間を稼ぐために空中に飛ぶが、その動きは直毘人に読まれていた。その隙を突いて甚爾が游雲で刺突していく。これで陀艮は敗北か!?

呪術廻戦110話の感想

パパ黒の戦い久しぶりに見れましたが、やはり圧倒的強さですねw五条悟にやられはしたものの、間違いなく作中最強キャラと言っていいほどに強い。と言うか、五条以外の呪術師は勝てないんじゃないですかね??パパ黒のおかげで相変わらずゴリラ廻戦やってますが、ちゃんとした呪術バトルを見れる日はくるのでしょうかww??

<<前の話 110話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。