呪術廻戦

【呪術廻戦】109話のネタバレ【まさかの禪院甚爾が乱入】

呪術廻戦109話のネタバレを掲載しています。109話では、陀艮の領域に入ってきた伏黒と陀艮の領域展開同士の戦いが描かれる。そして、陀艮の領域にまさかのあのキャラが乱入してくる!?呪術廻戦109話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦109話のネタバレ

領域展開同士の戦い

陀艮の領域展開に自ら入ってきた伏黒。陀艮は伏黒に攻撃を仕掛けようとするが、真希の遊雲の攻撃で吹っ飛ばされる。

陀艮は死累累湧軍で攻撃をしようとしたが、伏黒が領域展開をしていることで必中効果が消えていた。改めて必中効果を得るにはまずは伏黒の領域を潰さなければならなくなった。

陀艮は式神を放って伏黒に攻撃しようとするが、七海がそれを阻止。

七海は死累累湧軍の攻撃をおよそ一分耐えきっていた。直毘人も同様で、直毘人も攻撃を仕掛けていく。陀艮はウツボのような式神を出して反撃するが、直毘人は術式でガラス状に変えて砕き、真希は遊雲で防ぎ、七海は十割呪法で倒していく。直毘人は先ほどの死累累湧軍をなんとか耐え切ることができていたが、右腕を失ってしまっていた。

禪院甚爾襲来

陀艮は伏黒が領域の押し合いをしていると思っていたが、伏黒の狙いは違った。伏黒はこの領域内にわずかでも穴を空けることが狙いだった。伏黒は人一人通れる程度の穴を数秒もたせることはできると考えており、全員で外に出れば勝てると踏んでいた。結界の縁は伏黒の足下で「いつでもいける」と七海に伝える。

それを聞いた七海は真希と直毘人に「集合!!」と伝える。陀艮は言語を解するので二人に婉曲的に伝えたのだった。一瞬で状況を理解した二人は伏黒の元に向かうと、遅れて陀艮も伏黒の狙いに気づき阻止しに向かう。が、時すでに遅く三人は伏黒が作った穴に飛び込もうとする。しかし、その穴からまさかの禪院甚爾が姿を現してくる。

呪術廻戦109話の感想

伏黒のおかげで陀艮の領域を突破できるかと思いきや、伏黒パパが現れるというまさかの展開でしたね。いやぁ、この展開はまじで熱すぎる!伏黒パパの強キャラ感はまじでえぐいですね。伏黒パパが出てきたことで、呪術師側も死人が出そうな予感。今回腕を失った直毘人とか死んでしまいそうな予感がするんですけどどうなるでしょうか??

<<前の話 109話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。