呪術廻戦

【呪術廻戦】108話のネタバレ【陀艮の領域展開が強すぎるww】

呪術廻戦108話のネタバレを掲載しています。108話では、陀艮の領域展開による戦いが描かれる。陀艮の強さに圧倒される三人だが、真希が特級呪具遊雲を手にしたことで形勢が逆転していく!?呪術廻戦108話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦108話のネタバレ

陀艮の領域展開

陀艮は領域展開蕩蘊平線を発動。真希と七海は魚の式神に襲われるが、当たるまで気づくことができなかった。これが領域の必中効果。

直毘人は秘伝落花の情という御三家に伝わる対領域の術で式神を防いでいた。

落花の情は簡易領域のように自ら領域を展開する技ではなく、必中の術式が発動し触れた瞬間にカウンターで呪力を解放し身を守る技である。

小手調べが済んだ陀艮は、直毘人に7:七海に3の力配分でいくことを決め、死累累湧軍という術式を解放していく。

真希の反撃開始

七海は真希に「触れられたと感じたら片っ端から叩き落として下さい」と伝えるが、その瞬間七海は式神に食われまくってしまう。

落花の情で式神を防ぐ直毘人も「マズい」と感じていた。陀艮が出す式神の勢いが一向に衰えることがなかったからだ。式神で視界が防がれているところに陀艮に殴り飛ばされてしまう。

陀艮いわく海は万物の生命の源であり、死累累湧軍は際限なく湧き出る式神とのこと。陀艮がもっとも弱いと認識している真希にはあまり式神を使わず、直接蹴り飛ばしていく。

「弱ぇって言うならよぉ一撃で殺せやタコ助」と返す真希だったが、伏黒と合流して強力な呪具を受け取らずに来てしまったことを内心後悔していた。そこに伏黒が嵌合暗翳庭の領域展開で割り込み、真希に特級呪具遊雲を渡す。

ここから真希の反撃が始まっていく!?

呪術廻戦108話の感想

領域展開を使った戦いがちゃんと描かれるのは今回が始めてですが、やっぱりめちゃめちゃ強いですね。こんなことやられてしまうと領域展開を使えないと詰んでしまうというのも納得です。真希が遊雲を手にしてかなり自信ありげな顔をしていましたが、遊雲を手にしたことでこの状況を打破できる算段があるのでしょうか??確か遊雲の能力は明らかになっていなかったので、おそらく遊雲の能力にこの状況を突破できる秘密が隠されているのでしょう。どんな能力なのか気になるところです。

<<前の話 108話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。