呪術廻戦

【呪術廻戦】107話のネタバレ【陀艮の領域展開】

呪術廻戦107話のネタバレを掲載しています。107話では、特級呪霊陀艮と直毘人らの戦いが描かれています。直毘人の圧倒的強さで陀艮を追い詰めていきますが、陀艮が領域展開を発動して対抗してくる!?呪術廻戦107話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦107話のネタバレ

陀艮の強さ

特級呪霊の術式で大量の水が押し寄せる。

その量は伏黒の万象の比ではなく、地下だったら完全に詰んでるほどだった。特級呪霊は「陀艮」と自身の名を明かす。直毘人、七海、真希で連続で攻撃を仕掛けるが、真希の攻撃が受け止められる。それを助けるように直毘人が陀艮をカード状にして叩き割っていく。

3人で攻撃を畳み掛けても陀艮にダメージはまったくなかった。と言うよりも、「HPが果てしない感触」と七海は感じていた。真希は先ほど直毘人が術式を出していなければ自分が死んでいた状況を恥じている。陀艮は水の防壁を出して守りを固めている。

陀艮の領域展開

直毘人たちは大技を出される前に陀艮を潰そうと、3人で一斉に攻撃を仕掛ける。

陀艮は思わず空中に逃げ出すが直毘人がそれを読み、回り込んで叩き落としていく。陀艮に術式を発動させる隙も与えないほどの速さで直毘人は連続で攻撃を仕掛けていく。追い詰められた陀艮は領域展開を発動。直毘人を領域内に閉じ込めるのであった。

呪術廻戦107話の感想

陀艮の術式も相当強いですが、直毘人の強さが圧倒的すぎますね。3人掛かりとは言え、特級呪霊をここまで圧倒するのはさすがです。ラスト陀艮の領域展開が発動しましたが、どんな能力なのか非常に気になるところ。次回明かしてくれることに期待です。

<<前の話 107話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。