呪術廻戦

【呪術廻戦】104話のネタバレ【脹相の強さが虎杖を上回る!?】

呪術廻戦104話のネタバレを掲載しています。104話では虎杖と脹相の戦いが描かれますが、メカ丸の策で虎杖が脹相を追い詰めていきます。しかし、脹相の実力がかなり強く、逆に虎杖が追い詰められる展開に!?呪術廻戦104話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦104話のネタバレ

メカ丸の策

虎杖のピンチに虎杖が持つメカ丸が起動する。

メカ丸は脹相の赤血操術を知っていたが、赤血操術は近・中・遠距離すべてに対応できるバランス力が強みで「弱点は知らない」と言う。しかし、メカ丸には策があり、虎杖に「トイレに逃げ込め」と伝える。行き止まりのトイレに逃げ込んだ虎杖を脹相は追うが、トイレから発される謎の音を聞いて警戒する。弟たちに勝っていること、突如メカ丸が現れたことを受けて脹相は虎杖のことをちゃんと警戒していた。そんな脹相を煽るメカ丸。

煽られて怒りに燃えた脹相は虎杖の策に乗りトイレに突っ込む。トイレには水が溢れていた。

虎杖が脹相の背後に回り込むと脹相は大量の水を浴びる。すると、脹相の百斂が解ける。

赤血操術は術式の効果を高めるために常時血液の凝固反応をオフにしている。そのため、脹相の血液は他の者より水に溶けやすくなっている。さらに、水に晒された血液は浸透圧により赤血球が膨れて細胞膜が破れていく。血液の約45%を占める血球成分が支配できなくなり百斂は解かれていった。メカ丸の策が見事ハマり、この状況下において脹相は体外で血液操作を行うことができなくなった。

脹相がガチで強すぎる!?

体外での血液操作ができなくなった脹相は赫鱗躍動・載で虎杖に挑む。

自分の土俵に持ち込んだ虎杖。さすがに体術は虎杖に分があるようで、「勝てる」と勝利を確信した瞬間、脹相は水に晒さぬように指の間から呪力で強化した血の塊を撃ち込み、虎杖の肝臓を貫いていく。

呪術廻戦104話の感想

脹相思ったより強いですねw接近戦に持ち込まれても虎杖を追い詰めるほどの強さ。「赤血操術ってあんまり強くなくね??」と思ってましたが、完全に勘違いでしたわw戦闘経験が浅くてこの強さなので、これで脹相が戦闘経験を積んでいったらとんでもない強さになってそうですね。

<<前の話 次の話>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。