呪術廻戦

【呪術廻戦】103話のネタバレ【脹相がめちゃめちゃ強い】

呪術廻戦103話のネタバレを掲載しています。呪術廻戦103話では、虎杖と脹相の戦いが激化。脹相の強さが垣間見える回となっていました。呪術廻戦103話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

呪術廻戦103話のネタバレ

虎杖VS脹相

虎杖と脹相の戦いは続く。脹相の放つ穿血は速すぎて虎杖でも回避率は五分。しかも勘が外れて頭に直撃すれば死んでしまうほどの威力だった。「せめて発射のタイミングはこっちで決める」と、地面から足を浮かせて脹相の攻撃を誘う。

誘いに乗り脹相が穿血を放つが虎杖は穿血を回避。脹相は穿血の軌道を変えて虎杖を攻撃しようとするが虎杖はそれも回避。

穿血の速度が速いのは最初の一撃だけで、一度避ければ軌道を流されても虎杖なら回避することは難しいことではなかった。虎杖はこのまま殴り合いに持ち込もうとするが、脹相は超新星という百斂で圧縮した血液を解放し、全方位に散弾のように撃ち抜く技で虎杖を怯ませる。

その隙を突いて虎杖の足を刺すが、虎杖は刺された足でそのまま押し返す。

虎杖は「穿血を出す前の血の玉を作らせないようにする」と考えるが、玉を作る隙もなく脹相は穿血を放つ構えを取る。しかし、これはフェイントで、構えにビビった虎杖の隙を突いて脹相がラッシュをかける。

そして、超至近距離から穿血を放つ。

穿血を直撃した虎杖だったが、血の圧縮が足りなかったようでまだ怪我で済む程度であった。

メカ丸が参戦!?

脹相に押し込まれる虎杖。そんな虎杖を呼ぶ声が。「どういう状況ダ!?」とメカ丸が虎杖に声をかけていたのである。

メカ丸参戦によって状況は変わっていくのでしょうか??次回の展開に期待です。

呪術廻戦103話の感想

前回は「脹相の奥義でただ血のビーム撃つだけかよww」と思ってましたが、脹相なかなか強いですね。現状、虎杖はかなり苦戦していますが、次回メカ丸の助けが入りそうな雰囲気があるのでそれで状況が変わっていくと思います。脹相にどう対抗していくのか楽しみなところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。