ジョジョ第6部

【ジョジョ第6部】136話のネタバレ【ウェザーVSプッチがとんでもない展開に・・・】

ジョジョ第6部136話の要約と注目ポイントをまとめています。136話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ジョジョ第6部の内容を振り返りたい方はご活用ください。

ジョジョ第6部136話のネタバレ

プッチがウェザーが天候を操り起こした風圧で槍だらけの地面に倒れそうになっていた。

プッチはホワイトスネイクで槍をウェザーに飛ばしていく。

プッチが「当然かわす」「だが、「風圧の方向」も変わる」と目論むが、ウェザーは槍を躱さなかった。

そして、さらに血液を凝固させプッチをつかんでいった。

自身の射程にプッチを引き込みスタンドで殴っていった。

プッチは「グリーン・ドルフィン刑務所でおまえを始末するつもりならいつだってできたのだ」「だが、いつかおまえを救えると思ったから「記憶」だけを奪っておいたのだ」と命乞いをするが、ウェザーは「おまえは自分が「悪」だと気づいていないもっともドス黒い「悪」だ」と聞く耳を持たなかった。ウェザーがとどめを刺そうとするが、突如クラッシュした車が飛び込んできた。

車はヴェルサスが運転しており、地面に棘が生えていたせいでハンドルを取られクラッシュしてしまったのであった。そのせいでプッチとウェザーの形勢は逆転していた。

<<前の話 136話 次の話>>

【ジョジョ第6部】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ジョジョ第6部のネタバレ記事を一覧でまとめています。ジョジョ第6部の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ジョ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。