ジョジョ第6部

【ジョジョ第6部】133話のネタバレ【カタツムリ化の秘密が判明!!!???】

ジョジョ第6部133話の要約と注目ポイントをまとめています。133話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ジョジョ第6部の内容を振り返りたい方はご活用ください。

ジョジョ第6部133話のネタバレ

ウェザーが「そこらのカタツムリには触れないほうがいいぞ」と忠告すると、アナスイは「てめえの仕業なのかッ!?」とウェザーを問い詰める。

ウェザーは自分でも何が起こっているのか見当がついていないようで、「オレを殺すんだ」とアナスイに頼む。ウェザーはカタツムリ化する者に対し気の毒に思う気持ちもあるが、自分の人生を呪っておりこの現象に対して何かスカッとする気持ちも心の底で感じていた。アナスイが「今すぐ徐倫の場所を教えろーッ」と叫ぶと、ウェザーは「ああ教えるとも、ただしプッチのヤツと決着をつけてからだ」と返し、プッチが半径20m以内のどこかにいることを伝えた。ウェザーの唯一の生きる希望はプッチとの決着をつけることであり、それが終わったら自分を殺せとアナスイに告げた。

アナスイが「いいだろう、F・Fの借りはオレにもあるッ、付き合うぜッ」と了承しプッチの居場所を尋ねるが、アナスイは「どちから来るじゃあなくすでにいるんだ、20m以内のどこかに」と伝えた。ウェザーがスタンドを出し空気の動きを見るが乱れはなかった。

アナスイが「車の中はどうなんだ?」と近くの車に気づき二人で車を確かめようとすると、ウェザーの足が撃ち抜かれてしまう。

「天候の秘密さえ理解すればとりあえずカタツムリに触れる事になんの恐れもないッ」「かつておまえの記憶を抜いた1988年に既にこの現象の意味はやっとの事だったが克服しているからなぁあ」とカタツムリの中からプッチが現れた。

アナスイがプッチに襲いかかろうとするが、車のガラスの中からカタツムリが飛び出しカタツムリに触れてしまう。

<<前の話 133話 次の話>>

【ジョジョ第6部】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ジョジョ第6部のネタバレ記事を一覧でまとめています。ジョジョ第6部の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ジョ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。