ハンターハンター

【ハンターハンター】391話のネタバレ【ヒンリギの念能力が強い・・・】

ハンターハンター391話の要約と注目ポイントをまとめています。391話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ワンピースの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ハンターハンター391話のネタバレ

兵士がお互いを撃ったことで場内が騒ぎとなる。

ヒンリギがザクロとリンチにヒソカ捜索を命じ、自身はエイ=イの連中を釣っていくと伝えた。

ザクロが血を飛ばしてヒソカを捜索させる。

血はオーラが切れたら普通の血に戻す。寿命は30〜40分とのこと。

ヒンリギは一般客に協力を申し出、ビデオからそれらしき人間を見つけていく。

カメラを猫に変え一般客室エリアからの連結通路を録画させていった。

ヒンリギがエイ=イ組の人間に見つかる。

パドイユは凶器の錯乱の能力で手を金槌に変え襲いかかっていく。

ヒンリギは手錠を鳩に変えて見張らせており、手錠で捕えていった。

クオロールとデヴェラレスが銃を放つが、ヒンリギはオーラでガードして防いだ。

パドイユが凶器の形状を変え手錠を外し、再びヒンリギに襲いかかった。

今度は足と手を手錠で繋いだ。

ヒンリギはパドイユにとどめを刺し、クオロールたちは退散し一度モレナに指示を仰ごうと考えていた。

<<前の話 391話 次の話>>

【ハンターハンター】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ハンターハンターのネタバレ記事を一覧でまとめています。ハンターハンターの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。