彼岸島

【彼岸島48日後】313話のネタバレ【アキラVS豹丸が続く】

彼岸島48日後313話の要約と注目ポイントをまとめています。313話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、彼岸島48日後の内容を振り返りたい方はご活用ください。

彼岸島48日後313話のネタバレ

313話の要約

どっちが強いかだ

明と豹丸が対峙する。吸血鬼たちが駆け寄るが豹丸は「この人間はお前たちの手に負えん」と風圧で吸血鬼たちを近づかせないようにした。吸血鬼たちが戦いによって楽園が壊れてしまうことを嘆くが、豹丸は我々にとっての最大の害悪はたった一人の人間(宮本明)だったことを伝え、ここで明を葬り街の再建はそれからゆっくり行えばいいと告げる。そして、明と豹丸のタイマンが始まっていく。

浅いな

豹丸が鎌を振るうとあまりの威力にまたしても地面が裂けていった。土煙で明の行方を見失うと、明が不意打ちをかけるが豹丸は鎌で受け止める。そして、豹丸の顔を斬りつけていった。が、斬撃は浅く豹丸に吹っ飛ばされていく。両者距離が空き再び睨み合っていく。

<<前の話 313話 次の話>>

【彼岸島48日後】全話ネタバレ一覧【最新話あり】彼岸島48日後のネタバレ記事をこちらにまとめています。彼岸島48日後の今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 彼岸島48...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。