彼岸島

【彼岸島48日後】293話のネタバレ【希と聡の兄徹が死亡していたことが判明】

彼岸島48日後293話のネタバレを掲載しています。293話では、希たちがテントのリーダーに兄徹の元に案内されていく。希たちが案内された場所は、「英雄之墓」と刻まれたお墓だった。彼岸島48日後293話の内容を知りたい方はご覧ください。

彼岸島48日後293話のネタバレ

案内します

希が「教えて、お兄ちゃんはどこにいるの?」と尋ねると、聡も「どうしても会いたいんだ、兄貴の所まで連れて行ってくれないか」と懇願し、テントのリーダーが「わかりました、案内します」と了承する。

希と聡が喜んでいると、ネズミが「なんかでもこううまくいきすぎると逆に不安になるよな」「嫌な事起こりそうじゃない?」「明さんたちに不幸があるとか勝次が死んじゃうとか俺の人生ずっとそうだったもの」と不吉なことを口にし、ユカポンに「変な事言わないでよ、そんな事ない」「みんなで無事自由の女神の下で合流するんだから」とキレられる。

ネズミが「ごめんよ、怒らせるつもりはなかったんだよ」と謝ると、ユカポンは「嫌な事言うから本当に大丈夫かな、心配になってきちゃった」「明さん、鮫島さん、勝次ちゃん、何事もないといいけど」と離れてしまった仲間たちの身を案じていく。

鮫島が「ったく、どんだけ来んだ、追加の警備隊は」と大量の吸血鬼に苦戦していた。

鮫島が棒で叩かれると「なんだこれ、くっついてネバネバして」「とりもり?」と特殊な武器であることに気づく。

鮫島は「まずは動きを封じてからだ」「ゆっくり殺してやるよ」と大量のとりもちに襲われる。

鮫島は身動きが取れないまま槍で刺される。

さらに大量の矢が迫るが、明が救出に入る。

アキラが「このとりもちは手で払ってもくっついちまう」「防ぐには斬るしかない」「刀を使え、敵から奪っておいた」と鮫島に刀を手渡す。

刀を手にした鮫島は「かかって来やがれ、全員たたっ斬ってやるぜ」「こんな所でくたばってたまるか」「俺ァ約束したんだ」「なんとしても自由の女神に行くからな」「みんな待ってろよ」と吸血鬼たちを斬りまくっていく。





英雄之墓

自由の女神を目指す勝次だったが、警察に追われなかなか近づけずにいた。

「おい、アンタ」と声をかけられた勝次は「やばい、見つかった」「振り向きざまにこの石で」と襲いかかろうとするが、「何やってんだよ、お前」と声をかけてきたのが子供だったことがわかる。

勝次が子供の牙を確認して吸血鬼であることに気づくと、子供は「追われてんのか?」「うち来いよ、かくまってやるよ」と言い、勝次は「吸血鬼の家にあがるのか?」と戸惑いながらも「お前、いいのかよ」と返す。子供が「母ちゃんがよく言ってたんだよ、困ってる子を見たら助けてやれって」「お前困ってんだろ」と言うと、勝次は「ああ、まァな」と答える。子供が「じゃ、決まりだ、来いよ」「俺ゆう太、よろしくな」と名乗り、勝次は「サンキュー」「俺勝次、勝っちゃんって呼んでくれ」と返し、「なんか悪い奴じゃなさそうだし、うまく助かったかもしれない」「他のみんなは大丈夫かな」「希姉ちゃんとかちゃんと兄貴に会えたのかな?」「何か嫌な予感すんだよな、希姉ちゃんうまくいくといいけど」とゆう太についていくことに決めた。

希が「ああ、お兄ちゃんの所に連れて行ってくれるなんて夢みたいだよね、聡」とワクワクしながらリーダーの後についていくと、聡は「しかし、すごいよなお兄ちゃんって」「だってここの人たちに英雄って呼ばれてんだよ、さすがだよね」と言う。希が「そうね」「私たちの自慢の徹お兄ちゃん」「ああ、早く会いたいな」「こんな所まで捜しに来たんだもの、喜んでくれるよね?」「ねェ、なんで英雄って呼ばれてるの?」「お兄ちゃんどんな事したのかな?」と聞くと、リーダーは「それはまァ、おいおい話しますよ」と返す。ユカポンが「何かよそよそしいのよね、あの人」「私たちの事吸血鬼だって思ってるはずだから、騙すような事はしないと思うけど、何か気まずい事があって言い出せないみたいな」と勘ぐっていると、吸血鬼は「ここです」と行き止まりで足を止める。

ユカポンが「お兄さんはどこ?」「この木の棒は何かのお墓?」と聞くと、リーダーは「これを見てください」と答え、そこには英雄之墓という字が刻まれていた。

<<前の話 293話 次の話>>

【彼岸島48日後】全話ネタバレ一覧【最新話あり】彼岸島48日後のネタバレ記事をこちらにまとめています。彼岸島48日後の今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 彼岸島48...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。