彼岸島

【彼岸島48日後】288話のネタバレ【血の楽園の正体が判明】

彼岸島48日後288話のネタバレを掲載しています。288話では、ヒー坊の強さとその副作用が明らかになる。血の楽園についた勝次は、その異様な光景に衝撃を受ける。彼岸島48日後288話の内容を知りたい方はご覧ください。

彼岸島48日後288話のネタバレ

激痛

ヒー坊の活躍を見た勝次が「すげェぞ、すごいじゃないかヒー坊」と褒めていく。

が、突如勝次の左手痛み出す。

激痛が収まると勝次が「ヒー坊は助けるけど、触手が伸びる度にこの激痛じゃ厳しいな」「うまい話はそうないって事か、クソっ」と言うと、吸血鬼が顔に穴を開けられながらも勝次に迫ってくる。

すかさずヒー坊が触手で攻撃すると、再び激痛が勝次を襲う。

勝次は「あああ、駄目だ、耐えらんない」「やめろ、てめェェ、しめ殺すぞクソガキィィ」とヒー坊の首を思い切り締めていく。

勝次が「よかった、やっと止まった」「気ィ失うかと思った」「ごめんなヒー坊、この激痛やばいんだよ、二度と勘弁してくれ」と言うが、もう一体の吸血鬼もまだ生きていた。

ヒー坊が再度攻撃し、またしても勝次を激痛が襲う。

明が「今勝次の声しなかったか?」と気づくが、鮫島は「まさか、空耳だろ」と返す。

監視カメラを見つけて破壊し、鮫島が「これでこの辺りのカメラは全部壊した」「こっちの居場所を把握される心配はなくなったぞ」と言うと、明は「すぐに大勢の警備隊がおしかけて来るはずだ」と言い、鮫島は「ったく、全員返り討ちにしたるわ、吸血鬼ども」と言い放つ。

明が「勝次たちは大丈夫かな」と聞くと、鮫島は「そうだな、うまく血の楽園に入って自由の女神に向かっててくれるといいけどな」と返す。



ここが、血の楽園

勝次が「意識があんのが奇跡だな」「こんな痛かったの初めてだよ、恨むぜヒー坊」「しかし、このトラックもう楽園に入ったのかな」「血の楽園って一体どんな所だろう」とつぶやいていると、トラックが止まり「叫び声がしたけど大丈夫か」「お前ら、返事しろよ」と扉が叩かれる。

勝次が「運転手か?」「やべェな、入って来てんじゃねェぞ」とつぶやくが、運転手が扉を開けヒー坊が瞬殺していく。

勝次が「最悪だ」「こんなに痛ェなら死んだ方がマシだ」とつぶやいていると、子供たちが「マジか」「なんだよアイツ」と勝次のことを見ていた。

勝次が外に出ると、そこには平穏な世界が広がっていた。

<<前の話 288話 次の話>>

【彼岸島48日後】全話ネタバレ一覧【最新話あり】彼岸島48日後のネタバレ記事をこちらにまとめています。彼岸島48日後の今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 彼岸島48...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。