ジブリ

歴代ジブリ作品のリアルな人気ランキング【シリーズファン300人におすすめ映画を聞いた上で決定】

アニメ映画の中でも絶大な人気を誇るジブリ作品。ジブリ作品は、今までにいくつもの映画が制作されており人気の作品が多くあります。そこで、ジブリファン300人にアンケートをした上で、歴代ジブリ作品のリアルな人気ランキングを作成してみました。今まで公開されたジブリ映画の中で、どの作品が一番人気か気になる方はぜひご覧ください。

 

ファン300人に聞いた歴代ジブリ作品のリアルな人気ランキング

 

21位 海がきこえる 0票

月刊アニメージュに連載された氷室冴子の小説が原作でスタジオジブリがアニメ化させた作品。高知の高校を卒業して東京の大学に進学した拓と、拓の親友の松野、自由奔放な転入生の里伽子の淡い三角関係を描いた青春ラブストーリーとなっている。ジブリ作品としてはイマイチ知名度がなく、今回のランキングでも残念ながら0票という結果に終わってしまった。

 

21位 ギブリーズ episode2 0票

ジブリっぽくないテイストの短編アニメオムニバス。1作目はテレビで放送され、2作目のエピソード2は猫の恩返しの同時上映で放映された。まあ、猫の恩返しのおまけ作品感は否めないのでw、獲得票数が0票なのはうなずけます。

 

21位 かぐや姫の物語 0票

日本古典「竹取物語」を原作にしつつも、オリジナルの展開や登場人物も加わっており、竹取物語をベースにしながらもちゃんと別作品に仕上がっている。高畑監督の前作「ホーホケキョ となりの山田くん」と同じく画面全体が水彩スケッチ画風であり、最新のデジタル技術で紙に描いた絵がそのまま動いているようなアナログ風のアニメーションに作られている。最近のジブリ映画はあまり人気がないようで、比較的新しいかぐや姫の物語も残念ながら0票という結果になってしまった。

 

21位 レッドタートル ある島の物語 0票

ジブリ初の外国人であるマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットが監督に起用されたジブリ作品。全編セリフなしのサイレント映画という歴代ジブリの中でもかなり異色の作品となっている。無人島に漂着した男とそこに突然現れた女との交流が描かれる。カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門賞を受賞したり、アカデミー賞にもノミネートされていたりと専門家からの評価は高いが、サイレント映画だったこともあってか興行的にはまったく振るわず、今回のランキングでも獲得票数は0だった。

 

19位 ゲド戦記 1票

SF・ファンタジー界で伝説的存在であるアーシュラ・K・ル=グウィンのファンタジー小説が原作の作品。ナルニア国物語・指輪物語と並んで「世界三大ファンタジー小説」と評されている。世界のバランスが崩れ、生きるものすべてが「自分」を見失いつつある世界が物語の舞台。自らが生み出した闇に怯えて父を殺した青年アレンと顔にあざをもつ少女テルーが、偉大な魔法使いハイタカに導かれ、2人は悪の魔法使いクモに立ち向かっていく。

 

原作ファンなので、ジブリの雰囲気があうか半信半疑で、あまり期待せずに見たが、おもいのほか自然にみることができた。菅原文太のハイタカもイメージにあっていてよかった。

 

19位 思い出のマーニー 1票

ジョーン・ロビンソンの児童文学作品が原作のジブリ作品。心を閉ざした少女、杏奈の前に金髪の少女マーニーが現れる。ちなみに現代日本の北海道の道東地方が物語の舞台。他の作品同様、最近のジブリ作品はシリーズファンからの人気はあまりないみたいですね。

 

最近の作品で、あまりジブリらしくない内容でした。私はマーニーとの話やオチも好きですが、登場人物の「のぶこ」の事が1番好きです。のぶこは体型にコンプレックスがあり、主人公の杏奈に太っちょぶたと呼ばれてもこらえて遊びに誘い、仲直りするときも大人の対応でさらっとなかったことのようにできる所が凄いです。杏奈は初め心を閉ざしていましたが、だんだん心を開いていけるようになったのも観ていて分かります。マーニーが祖母という展開はありがちでジブリらしくないですが、総合的に登場人物の性格が他の作品より現実味がありかつ個性的なので1番好きです。

 

18位 ホーホケキョ となりの山田くん 2票

朝日新聞の4コマ漫画を元に制作されたかなりゆるめのジブリ作品。団地に住む山田家のほのぼのとした日常が描かれています。ジブリが20億円以上かけてアニメ化した作品ですが、興行的には振るわず赤字に終わってしまいました。こちらのランキングでも2票止まりと、シリーズファンからの人気はあまり良くないようですね。

 

家族の良さが凄く感じられる為。
4コマ漫画の雰囲気をそのまま映像で楽しめたから。

 

17位 風立ちぬ 3票

宮崎駿の軍用機と平和への思い入れが込められた集大成的作品。宮崎駿作品としては紅の豚と並んで大人向けに作られている。時は大正時代。飛行機乗りを夢見る少年堀越次郎は夢の中に現れたイタリアのカプローニに導かれ、飛行機設計技師を目指す。日本が軍国主義の拡大、そして亡国へと向かう時代をよそに夢の飛行機を作ろうと試行錯誤を続けていく。ジブリ作品の中でも大人向けの作品が好きな人は、この作品は気にいると思います。

 

堀越二郎の生き様がかっこよかった。
0戦をただ作りたかっただけなのに、最後自分の作ったもので人が死に、最愛の妻も結果先立ち・・・と色々と考えさせられる物語でした。ここ最近見た中ではメッセージ性があって一等面白かったです。
他作品のようなファンタジー要素が薄いので、登場人物たちの感情のリアルさに何度見てもドキドキさせられます。

 

15位 おもひでぽろぽろ 4票

岡本螢・刀根夕子による漫画をアニメ化したジブリ作品。舞台となった1982年の山形県山形市高瀬地区の様子や仙山線高瀬駅などがかなりリアルに描かれている。この地域を知っている人にはたまらない作品となっているでしょうね。

 

他のジブリ作品と違いちょっと大人向きなところ。
古き良き昭和レトロ!リアルな描写が細かくて好きです。
過去の自分を思い出して振り返るところが面白いです。

 

15位 猫の恩返し 4票

実は「耳をすませばの主人公、月島雫が描いた物語」という作品。女子高生の吉岡ハルは、ある日車に轢かれそうになった猫を助けるが、その猫の正体は猫の国の王子ルーンだった。そこから、主人公のハルが猫の国に連れ去られていき物語は始まっていく。個人的にすごい好きだった作品で、何度もリピートした記憶がありますね。

 

猫が喋り歩くという世界観にとても惹かれました。幼少期にみた映画の中で1番印象に残ってると思います。
バロンがかっこよかった。
借りぐらしのアリエッテイは大人になって観た作品で、作品の内容に対する捉え方が変わったかもしれません。アウトドアとは全く違いますが、アリエッテイのお父さんの何でもできる感じが好きです。借りてくるだけでなく半田ゴテを使うように自分で工夫したり、編み込みで籠のようなものを作ったりと何でもできるんだなと感心してしまいました。

 

12位 平成狸合戦ぽんぽこ 5票

狸の正吉を中心とした群像劇で、開発が進むニュータウンを舞台に、その一帯の狸が長らく忘れていた化学を使って人間に対して抵抗を試みる様子が描かれた作品。ジブリ作品で初めてCGが使われた作品で、初の実写使用作品でもある。アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得し、専門家からも評価されている。登場キャラクターが可愛い狸なので、ほんわかとした雰囲気ではあるが、なかなかにメッセージ性の強い作品となっているせいかテレビで放送される機会が少なく、そのせいで知名度が低く人気が伸びていないのかもしれません。

 

人間による自然破壊を狸が変化して食い止めようとするのですが結局勝てないという感じで戦う姿が感動的で面白いです。
人間達の勝手な事情で森や林が伐採されて動物達の住処を奪ってるという点を動物目線で見られるところです。実際にこう思ってるのかなぁとか色々考えながら観ることができます。また最後は人間として生活しているところが結局強者には勝てないという世界の理を現してる点がリアルでいいなと思います。
人間が環境破壊をしている事で、自然界に住む動物が追いやられているという現状を映画にしている事が画期的で、また狸目線で描かれている所が面白いと思いました。切実な問題ですが、コミカルに描かれている所や、狸が人間達を脅かす為に扮装した場面はダイナミックで面白いですし、今までのジブリ映画に出てきた主人公達が出ている所も面白く思いました。地上波で再放送がある度、結末は分かっていても見てしまう映画です。これから生まれてくる子供達にもずっと見てもらいたいと思う映画でした。また最終的には狸は人間達が作り上げていく現状に慣れ生きていくしかない事を学びますが、夜な夜な狸達が夜会をしている所に切なくもあり、少し救われる気分になります。

 

12位 借りぐらしのアリエッティ 5票

メアリー・ノートンの床下の小人たちが原作のジブリ作品。小人の少女アリエッティは人間のものを借りながら屋敷の床下で両親と暮らしていたが、病気療養のために引っ越してきた人間の少年、翔に姿を見られてしまう。そして、アリエッティと翔の2人きりの秘密の交流が始まる。

 

キャラクターも可愛いですしラストがこうなりましたではなく視聴者側でこうなったなのかな?とか考えられるのが面白いと思います。
人間に見つかってはいけないと思いながらも、信頼できる人を見つけて生きていくさまがとてもよかった。
ジブリシリーズの作品の中で、何度見ても飽きない作品です。自分も女性であるので、主人公のアリエッテイの力強い、ポジティブな生き方に好感が持てました。病弱な少年、翔がとてもキュートで女々しい作品になるかなと危惧しましたが、素直に楽しめる作品でした。背景の使われている色、画がすごく綺麗でアリエッテイの部屋に憧れました。声優もすばらしく、特にお手伝いさんのハル役の樹木希林さんがおもしろく印象強く残っています。

 

12位 コクリコ坂から 5票

コクリコ坂からは、もともと1980年に講談社「なかよし」で約8ヶ月掲載された少女漫画で、2011年夏にジブリがアニメ映画化した。舞台は1963年の横浜。舞台が横浜となっているので、横浜周辺に住んでいる人にはぜひ観てほしい一本となっています。

 

ストーリーがわかりやすくて軽快。また音楽も久石譲ではなく目新しい。ファンタジー要素が全くなく子供から大人まで楽しめるという訳ではないが、ある一定以上の年代からは支持される内容になっており、世代ではなくともどこか懐かしい、古き良き学園青春ストーリー。
主人公たちが部活棟を残すべく話が進みますが、その中で恋愛を行うのがいいです。実際にありそうな題材なので共感できるし、戦いなどもないので好きです。
一番は、海と俊の切なくも運命的な恋がとても綺麗に描かれているからです。私の知らない時代が描かれていて、こんな時代もあったんだなと思います。もう20回は観ました。

 

11位 崖の上のポニョ 6票

ハウルの動く城以来となる宮崎駿監督作品。「人間になりたい」と願うさかなの子ポニョと5歳児の少年、宗介2人の物語。ストーリーには起承転結がなく、宮崎駿のイマジネーションを優先した構成となっている。

 

人間の本質をそして、在るべき姿を深くえぐった作品でとてもいい作品でした。
子供がポニョの歌を聞くと、楽しそうに踊っていたり、私自身も、子供が持つ勇気や思いやりの心に感動したので。
躍動感があり、面白かったです。特にポニョとソウタの可愛らしいやり取りの中に、しっかり愛情が見える所も良かったです。

 

10位 火垂るの墓 8票

1945年の兵庫県神戸市近郊を舞台に、神戸空襲で母を亡くした幼い兄妹が終戦前後の混乱の中を必死で生きようとするも、思い叶わず悲劇的な死を迎えていく姿を作者の体験を交えながら描かれた作品。第58回直木賞を受賞。ストーリー・テーマ・映像表現どれも非常にヘビーになので、トラウマになっている人も少なくない。

 

ジブリらしく主人公の兄弟が可愛らしく描かれているが、内容は重く辛い戦争時代を原作に忠実に表現されていると感じたためです。
悲しい話だけど、子供の頃から見るたびに戦争のことを考えるきっかけを与えてくれるから。
悲しい作品だけど節子の可愛らしさに何度も繰り返し観た映画です。苦しくても兄妹で支え合う姿がとても微笑ましい良い作品です。

 

8位 紅の豚 12票

世界大恐慌時のイタリア・アドリア海を舞台に、飛行艇を乗り回す海賊ならぬ空中海賊「空賊」の荒くれ者たちと、それを相手に賞金稼ぎで生きるブタの飛行艇乗りの物語。「飛ばねぇ豚は、ただの豚だ」のセリフはこの映画を観たことがない人でも知っている名ゼリフでしょう。

 

子供の頃に豚ががカッコいいと思わせてくれた作品。声優さんと主人公の声が凄く合っていた。飛行機に乗りたくなりました。
大人でも共感できる、せつない男女の愛が描かれているところ。
古き良き時代の飛行機乗りのロマンを感じた点。内容が子供っぽくない点。

 

8位 耳をすませば 12票

柊あおいによる漫画作品をアニメ化した作品。青春ドラマとしてなかなか評価が高く、それだけに異性に縁がなかった人にとってはきつい作品と言われており、「火垂るの墓とは別の意味でトラウマになる」として有名なジブリ作品。

 

何とも言えない青春時代にしか味わえない恋愛のドキドキ感が好き。
胸がきゅんとするようなお話が何回見ても見飽きません。音楽も物語にあっていて大好きです。
自転車を飛べるようにする、ライト兄弟なよう事をするとは、さすがに思わなかったです。そして、魔女なので、力が出てしまい、半分飛んだ状態になってたのも面白かったです、でオチは、ガードレール飛び越え転げ落ちる所も見所でした。

 

7位 ハウルの動く城 13票

ダイアナ・ウィン・ジョーンズによるファンタジー小説「魔法使いハウルと火の悪魔」が原作のジブリ作品。196億円という興行収入を叩き出し、2004年と2005年の興行成績第1位を記録。アニー賞やアカデミー賞にもノミネートされ、歴代ジブリ作品の中でもかなり成功した作品となっている。荒地の魔女に呪いをかけられて老婆にされたソフィーが、魔法使いのハウルの巨大な動く城で過ごしていく過程が描かれる物語。

 

ハウルの凛々しい時の格好良さと実は臆病で不安な姿をみせる時のギャップが面白い!また、物語が描かれている世界感がとても好きです!
主人公の女の子がおばあちゃんになって関わりない人をハウルは一緒に住んでお互いのコンプレックスを克服しようとするところと、戦争に魔法が使われるところが科学が発達した後の戦争を想像させられるところ。ハウルとソフィーがお互い惹かれあい、尊敬、信頼している感じが面白くて好きです!
ソフィーが若くなるシーンが私はとても面白いなと思っています。お婆さんがいきなり若くなるなんて、と現実には無いことなのでワクワクしながら見ています。

 

6位 もののけ姫 16票

ロングラン上映がされたこともあり、興行的に非常に成功した作品で、20世紀の日本映画歴代興行収入第1位に輝いた作品。複雑な人間模様、多くの人々の死や人体破壊描写、ヒトと自然の共存や差別問題などなど、多くの重たいテーマが描かれた作品で、今までのジブリ作品とは一風変わった雰囲気の作品に仕上がっている。

 

アシタカのカッコよさにはまりました。爽やかでありながら、強い。こんな男性が実現したらいいのに。
昔の日本が舞台で内容も筋が通っていてとくにイノシシの大群のシーンが印象的です。
人間ともののけ達がそれぞれの立場がありそれぞれ守りたいものも違うので考えさせられた。子どものときに見たもののけ姫も大人になって見るもののけ姫は面白さが違う。

 

5位 魔女の宅急便 21票

角野栄子作で母の友に連載された原作をアニメ映画化された作品。意外かもしれないが、この作品が興行的に初めて成功したジブリ映画となる。他の宮崎作品に比べてキャラクターの描かれ方などが異なるのは、もともと片渕須直が脚本を書いたため。

 

半人前の魔女のキキが新しい街で様々な人に出会い成長していく点。キャラクターがかわいらしく魅力的なところ。海や街の描写がとてもきれいな点。
物語自体も好きだし、最後にキキがデッキブラシで飛ぶシーンがとくに好きです。
主人公キキが自立して、働きながら友人を作ったり恋をしたり、ピンチを乗り越えたりするのにわくわくドキドキしました。

 

4位 風の谷のナウシカ 23票

宮崎駿の漫画作品がアニメ化された作品。公開当時から高い人気を獲得し、宮崎駿の名を世に知らしめるきっかけとなった。戦いに旅立ったナウシカと仲間たちは、大国の争いに巻き込まれながら世界の真実を目の当たりにし、未来を生きるための戦いと真実に挑んでいく。

 

原作の雰囲気を丁寧に、そして描かれていない部分も不自然さのないようにしていて素晴らしいなと見直す度に思います。
絶対ナウシカです。命の尊さ。人間の悪さ。儚さ。愛。自然との共存。やっぱり宮崎駿、転載だと思う。
とにかくナウシカがカッコよくて憧れました。あまり感情を表には出さないけれど様々な感情の中で戦いながらみんなを守る姿に心が熱くなりました。

 

3位 千と千尋の神隠し 47票

興行収入308億円、観客動員数2350万人と本国内の映画興行成績歴代1位の記録を持つ歴史的作品。作品としての評価も高く、アカデミー賞の長編アニメーション賞ベルリン国際映画祭の金熊賞をはじめ、様々な賞を獲得した。主人公の荻野千尋が八百万の神々が集う湯屋「油屋」で働くようになり、そこでの様々な出会いや千尋の成長が描かれる作品。ジブリ好きでなくても一度は観たことがあるのではないでしょうか??

 

社会人になって改めて観ると、幼少期に抱いた感想と全く違っていた。子供から大人まで楽しめます。
何よりもストーリーの秀逸さです。人間の心の美しさや醜さ、生と死、環境問題などを含め全てを上手く構築され、ジェットコースタームービーのような展開のうまさもある。やはり日本最高の映画なだけの内容はあると思います。
ストーリー全体が面白いです。もう何回も観ているのですが、千尋が頑張ってハクを助けようとする所や、坊がネズミに変わる瞬間も好きです。あのあと、本当の名前を取り戻したハクが湯婆婆の所を辞められたのか気になります。

 

2位 となりのトトロ 53票

母親の療養のために田舎に引っ越してきた草壁一家のサツキとメイと不思議な生物トトロとの交流を描いた作品。興行成績は意外にも振るわなかったものの、このランキングでも2位に選ばれているようにファンからの人気は高い。TVで放送されると毎度高い視聴率を獲得することからも、シリーズファンから愛されている作品だとわかります。

 

メイがトウモロコシを持ったまま行方不明になり、村の住民全員で探すが見つからず、トトロの協力で見つけ、なおかつ母の病院まで送ってもらえる場面。
まず世界観が好きだし、ネコバスやトトロなどのキャラクターデザインも良い。特にトトロが明らかに自分の体のサイズに合っていない傘を使っている、バス停のシーンが個人的には面白い。
さつきとめい、二人の子供にはトトロやねこバスが見えているけれども、ほかの人には見えていないという設定も面白いし、田舎の風景や、小トトロ、中トトロとのやり取りも可愛くて癒されるため。

 

1位 天空の城ラピュタ 58票

スタジオジブリ作品として制作された初めての作品。当時流行っていたロボット・SFアニメに対するアンチテーゼとして「子供向けのマンガ映画の復活」を掲げて企画された。ただ、アニメブーム全盛の1980年代中頃において、単なる「古臭いアニメ」と評されてしまい、意外にも興行的には振るっていない。このランキングでも1位に選ばれていることからもわかるように、ジブリファンにもっとも愛されている作品と言える。

 

私の大好きな冒険とファンタジーがいっしょになっている感じ。宝物とか冒険とか子どもが主人公で進んでいくところがとてもワクワクしました。
冒険モノはわくわくして面白い。そしてわかりやすいストーリーながら、いろんな要素がかみ合って深くなっている。ちゃんとハッピーエンドで見終わった後スッキリするところも良いと思う。
個性的なキャラクターがたくさん出てきて印象深く、公開から30年以上たっても廃れることなく、すべての世代が楽しめる作品であり、考古学や民俗学的な思考が緻密に計算されて描かれているのでただのフィクションとは思えない物語として制度が高い点が面白いです。
私の大好きな冒険とファンタジーがいっしょになっている感じ。宝物とか冒険とか子どもが主人公で進んでいくところがとてもワクワクしました。
何回見ても飽きることなく、毎回感動します。海賊たちのママが大好きです。男気溢れる性格で、でもルシータをちゃんと女の子として扱って、こんな上司がいたら楽しいだろうなぁって思います。 パズーもシータも飲み込み早すぎる。自分の置かれた立場もすぐ察しるし、いろいろ操作の仕方もすぐ覚えるし。勇気溢れる行動も気持ちいい。我が家では、急いで準備をしないといけない時に、「40秒で支度しな!」のセリフを言って楽しく早く準備してます。イヤイヤそんなことって、突っ込みどころ満載ですが飽きません。めちゃくちゃムカつく人がいたら、こっそり心で「バルス」って唱えてしまいます。それでちょっとスッキリします。

まとめ

以上、ジブリファン300人に聞く歴代ジブリ作品のリアルな人気ランキングでした。ジブリ作品はどれも人気なので、どの作品がNo.1かは本当に人によって意見が分かれるところですよね。あなたが一番好きなジブリ作品があれば、ぜひコメント欄で教えてください。ちなみに私が一番好きな作品はハウルの動く城です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。