炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊】290話のネタバレ【桜備死亡でシンラが悪魔に!?】

炎炎ノ消防隊290話のネタバレを掲載しています。290話では、シンラはハウメアの髪を揺らすことに成功し、決まった未来を変えられる可能性を感じていた。一方、地上では桜備がドッペルゲンガーに殺されてしまう!?炎炎ノ消防隊290話の内容を知りたい方はご覧ください。

炎炎ノ消防隊290話のネタバレ

そよ風

シンラは体を貫かれ倒れていく。

ハウメアが「死でしか解決できないこの絶望もこれでお終いです」と言うと、ショウは「そんな訳あるものか」「兄が、第8が今まで守ってきたこの世界が終わる訳ない」と言い放つ。ハウメアが「救世主を亡くしてこの世界は炎に還るのです」と告げると、ショウが「黙れ」と返すも、「俺なら大丈夫だ」とシンラが立ち上がる。

シンラの姿を見たハウメアが「地上からアドラリンクで干渉してきましたか」と気づくと、シンラは「この蛇の炎は」と炎の正体に気づいていく。

地上では黄が「シンラ、過去にあなたを治療したスティグマまらリンクし傷を修復した」と語っていた。

黄が「私が触れていい炎ではなかったようね」と燃えていくと、火華は「あの炎に触れては駄目だ」「シンラ、どうかアイリスと一緒に戻ってきて」と涙を浮かべていた。

シンラが「黄大隊長、火華大隊長、アーグ中隊長、聞こえるよ、地上の様子が流れてくる」「俺は皆に支えられてここまで来た」「大丈夫、もう怒りに呑まれることはない」「俺は悪魔じゃない、ヒーローだ」「市民の人命と財産を守るため戦っている」と再び時を止め殴りかかるが、やはりハウメアには当たらなかった。

ハウメアが「無駄です」「私には触れられないと因果で決められています」「この世界の絶望のようにもう決められたことなのです」と言うが、シンラは「そうでもないみたいだぞ?」「髪の毛が揺れたということは何も干渉できない訳じゃない」と返し、ショウは「何もできないなら髪は揺れない」「未来が決まった訳じゃないということか」と理解する。シンラが「無意識の結論は死と決まった訳じゃない」と言い放つと、ハウメアは「髪の毛を揺らすだけのそよ風では何も変わりません」と返す。ショウが「いや、蝶の小さな羽ばたきがいつか大きな嵐へと感じるように、そよ風でも何が変わるかわからない」と言うと、シンラも「だから、伝導者はそよ風のような俺を恐れている」と言ってのけた。

シンラが殴りかかりにいくが、ハウメアに吹っ飛ばされてしまった。

ハウメアが「恐れはしません、全て受け入れています」と言うと、シンラが「そんなことない」と否定するが、ハウメアは「いいえ」「地上をご覧なさい、最後の絶望の炎が起ころうとしています」と告げていった。



ぶっ殺す

第8消防隊が避難活動を進めていた。

マキが「大隊長、この区域の避難はまもなく完了しそうです」と伝えると、桜備は「そうか、ご苦労」「あとはシンラを信じて待つだけだ」と返し、老婆を避難させていく。

ヴァルカンが「リヒト、ここら一帯の火災は鎮火したみたいだ」と伝えると、リヒトは「それじゃあ、避難所周りの生活設備の状態を調べてください」と伝え、「これであとは残る住民の避難を完了すれば」と口にしていると「ん?何かありましたか?」と桜備が来ていることに気づく。桜備が「いや、こっちの様子を見に来ただけだよ」と答え去っていくと、ヴァルカンに「リヒト、避難所の水道は生きてた、発電機も」「どうかしたか?」と聞かれ、リヒトは「いえ、大隊長がこちらにいらして」「なんでまた大隊長は避難誘導に」と疑問に感じていた。

マキが「大隊長、こちらの避難誘導完了しました」と伝えると、桜備は「ご苦労」「残る仕事はあと一つ」と本物桜備の首をナイフで切っていく。

桜備が大量の血を流して倒れハウメアが「光は失われました」と言うと、ショウが「駄目だ、兄ィ」と叫ぶが、シンラは「ぶっ殺す」と悪魔のような表情となる。

<<前の話 290話 次の話>>

【炎炎ノ消防隊】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】炎炎ノ消防隊のネタバレ記事をこちらにまとめております。炎炎ノ消防隊の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返し...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。