炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊】283話のネタバレ【バーンズ生存が明らかに】

炎炎ノ消防隊283話のネタバレを掲載しています。283話では、ジョーカーがあまりにも強い自身のドッペルゲンガーに追い詰められていく。そこにバーンズのドッペルゲンガーも現れ観念するが、それはドッペルゲンガーではなく本物のバーンズだった!?炎炎ノ消防隊283話の内容を知りたい方はご覧ください。

炎炎ノ消防隊283話のネタバレ

最悪の中の最高

ジャガーノートが「ん」「め、女神?」と言うと、タマキが「何言ってんの?」「ほら、起きれるでしょ」と下着姿のまま起こしてくれる。

タマキが「私のために来てくれたんだ」「そう言ったでしょ」と言うと、ジャガーノートは「あ、うん」「そ、そうです」と焦りながら返していく。すると、タマキが「ちょっと嬉しかった」「だからっ、一回だけならデートしてやる」「いちいち聞き返すな、めんどくせェな」と伝えると、ジャガーノートは「ご、ごめん」「よっしゃああ、古達さんとデートだ」と喜んでいた。

桜備が「まだ入谷地区の方で大規模な火災が続いているな」と言うと、リヒトが「アサルトとは別のドッペルゲンガーがいるようですね」「あちらにはジョーカーが調査に向かっていますが、ジョーカーといえど強者のドッペルゲンガーが相手」「無事ならいいけど」とジョーカーの身を案じていた。

その頃、ジョーカーは自身のドッペルゲンガーに追い詰められていた。

ジョーカーが「俺のドッペルゲンガー、なんでそんな強ェんだよ」と襲いかかるが、「遅ェよ」とドッペルゲンガーに余裕で返り討ちにされてしまう。

ドッペルゲンガーが「情けねェなァ、本物さんよォ」と言い放つと、ジョーカーは「こいつが俺のイメージか、まったくいい迷惑だぜ」「一体俺のことどんな化け物だと思ってんだ」とつぶやく。ドッペルゲンガーがジョーカーにカードを繰り出す。

ドッペルゲンガーが「お前はその左目でアドラを覗いてるんだろ?」「この先絶望しかないことを知っているのになぜ争う」と問うと、ジョーカーは「俺は観察者だ」「最後の最後まで死ぬわけにはいかない」と答える。立ち上がるジョーカーを見てドッペルゲンガーが「へェ、立つか」「そのイメージは俺のイメージにはないなァ」と言うと、ジョーカーは「まだ終わらねェ」と口にするが、とある光景を目にし「オイオイ、マジかよ」と座り込んでしまう。ドッペルゲンガーが「もう手札は尽きたか」「その左目でももう逆転の目は見えないだろ?」「そうだ、お前はここで死ぬ」と告げると、ジョーカーは「さすがに二人相手は無理だな」「お手上げだ」と観念し、そこにはバーンズのドッペルゲンガーが立っていた。

ジョーカーが「ずっとアンタの目を通してアドラを見ていた」「そうだよな、片目だけじゃカッコがつかねェ」「あんたと俺の目は二つで一つだ」「最後にまた会えて嬉しいぜ」「あんたに殺られるなら最悪の中の最高だよ、殺れ」と言うが、バーンズはドッペルゲンガーのほうを貫いていた。





その二体が強力だ

ドッペルゲンガーが「なぜだ、お前まさか」と正体に勘づくと、バーンズが「ドッペルゲンガーと思ったか」とジョーカーのドッペルゲンガーを粉砕する。

ジョーカーが「ドッペルゲンガーを殺した」「バーンズ、あんたまだあのバーンズなのか!?」と聞くと、バーンズは「府中ぶりか52」「府中での戦いでドッペルゲンガーにアドラに引きずり込まれたが、自我を保ったままアドラのイメージと一体化することができた」と答え、ジョーカーは「しぶとい頑固ジジィだ」と口にする。バーンズが「52、アドラは人間のイメージでできている」「伝道者の正体こそが」と言うと、ジョーカーが「わかってる」「あんたの目を通してアドラを見てきた」「強者のドッペルゲンガーが生まれるところもな」「災害隊が呼んだドッペルゲンガーもあと残り二人」と言い、バーンズは「その二体が強力だ」「なんとしても止めなければ」と話していく。

大黒が「黒野は消防隊と協力して入谷地区のドッペルゲンガーを仕留めろ」と指示すると、黒野が「相手は間違いなく強いですよ」と返すが、大黒は「世界と一緒に会社がなくなったら、お前行くとこあるのか?」と伝えていった。

すると、黒野の前に紅丸のドッペルゲンガーが現れる。

<<前の話 283話 次の話>>

【炎炎ノ消防隊】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】炎炎ノ消防隊のネタバレ記事をこちらにまとめております。炎炎ノ消防隊の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返し...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。