炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊】279話のネタバレ【タマキのラッキースケベがアサルトに一切通じない】

炎炎ノ消防隊279話のネタバレを掲載しています。279話では、アサルトの圧倒的強さを前に次々に消防隊員がやられていく。タマキのラッキースケベもアサルトのドッペルゲンガーには一切通用しなかった。炎炎ノ消防隊279話の内容を知りたい方はご覧ください。

炎炎ノ消防隊279話のネタバレ

VSアサルトのドッペルゲンガー

アサルトのドッペルゲンガーが「まとめて来い、相手してやる」と言い放つと、桜備は「マキと俺で隙を作る、火縄は射撃で援護を」「三人は火縄の攻撃に続いてくれ」と指示していく。

アローが「いくらアサルトでもこの戦力で七対一なら」と考えていると、アサルトの強烈な攻撃が桜備たちを襲う。

マキが奇襲をかけるがアサルトに余裕で返り討ちにされる。

火縄の射撃も余裕で躱され反撃を浴びる。

桜備が襲いかかるが、アサルトは「そんな力任せの攻撃など」と一本指で桜備を止め、「力でも負ける気はしないがな」と殴り返す。

アサルトの圧倒的強さで桜備、マキ、火縄が一瞬でやられていく。





この世にエロなど不要だ

ヴァルカンが「嘘だろ!?大隊長・中隊長、マキさんが一瞬で」と驚くと、リヒトも「これが本来のアサルトの強さか」と唖然としていた。アローが「ええい」と攻撃を繰り出そうとするが、「この裏切り者め」とアサルトに気絶させられる。

アサルトが「あとはお前たち二人と非戦闘員だけだ」と言うと、ヴァルカンが「そういえばジョーカーはどこに行ったんだよ!?」と言い、リヒトは「他のドッペルゲンガーの調査に向かっているよ」と伝える。アサルトが「そっちの男は第8の隊員ではないな」「見逃してやる、立ち去れ」と言うが、ジャガーノートは「それはできない」「大好きな人を捨てて逃げるなんて消防隊員じゃない」「そんな真似は絶対にしないよ」と返す。

アサルトが「今のを見ていなかったか?」「お前に勝ち目はない」と言い放つが、ジャガーノートは「そんなことはわかってる」「大災害で世界が終わろうとしている今、いつ死ぬかもわからない人生で後悔はしたくない」「好きな人を守る」と宣言する。タマキが「ジャガーノート」と頬を赤めていると、ジャガーノートは「古達さん、もし世界が守れたら僕とデートしてください」と告白する。

アサルトが「即死ねい」とジャガーノートを瞬殺する。

アサルトが「戦場で愛を語るなどなんたる軟弱者」「戦場に立つ資格なし」「環古達、あとは貴様だけだ」と言い放つと、タマキが隊服を脱ぎ下着姿となるが、アサルトは「無駄だ、そんなモノ俺には通用しない」「貴様は性を消費している」「この世にエロなど不要だ」と言い放つ。

<<前の話 279話 次の話>>

【炎炎ノ消防隊】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】炎炎ノ消防隊のネタバレ記事をこちらにまとめております。炎炎ノ消防隊の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返し...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。