炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊】255話のネタバレ【いきなり杉田スミレの実写化が描かれるキチガイ展開にww】

炎炎ノ消防隊255話のネタバレを掲載しています。255話では、人類の絶望で街が壊滅状態となっていくが、桜備が全体通信で「希望を捨てるな」と伝えていく。柱の一人であるシスタースミレは、大災害前の時の記憶を思い出し、まさかの実写で描かれるというキチガイ展開に突入していく!?炎炎ノ消防隊255話の内容を知りたい方はご覧ください。

炎炎ノ消防隊255話のネタバレ

希望を捨てるな

リヒトは「狂気」「絶望」「一体これは」「なぜわかる?」「この世の仕組みが」と考えていた。

「パーン大隊長、新たな火災旋風が発生」「ドッペルゲンガーも出現しています」という報告を受けると、パーンは「市民の避難を最優先だ」と返し、「しかし、こんな絶望的な事態」「第4はどうすれば」と考えていた。

物が巻き上がり、ビルが倒壊していく。

本田が「現状を報告せよ」と言うと、隊員が「計測不可能な規模の災害で国中が混乱しています」「状況は見ての通りとしか」と伝えていき、本田は「この国の復興は絶望的だ」と考えていた。

街では負傷者多数で、これ以上の患者は抱えきれない状況だった。

パーンが「アーグ大隊長は言っていた」「我々消防官は、我々は無力だと」「今、我々にできることとは」と考えていると、隊員が「全体に通信が」とパーンに伝え、パーンは「即繋いでくれ」と言う。

桜備が全体通信で「これからお伝えする内容は荒唐無稽な話ですが、どうか信じてください」「災害を止める方法です」「星を燃やしているこの炎は人々の絶望を燃料としている」「消化するには絶望を打ち消し、国民に希望を抱かせるしかない」「今こそ我々消防隊が人々に示す時だ、希望はまだあるのだと」「希望を捨てるな」「各隊、検討を祈る」と伝えていく。





杉田スミレ

シスタースミレが「なんて嘆かわしい」「未だ諦めない人がいるのね」と言い、「今や炎の世界になったというのに」「思い出すわ、前大災害のこと」「弐佰悟拾年前、今とは描写の違う世界」と考えていく。

スミレは「私の大災害前の名前は杉田スミレと言った」「20XX年、弐佰悟拾年前も私は大災害を起こすべく伝導者に仕えていたわ」とかつての記憶を思い出していく。

スミレが「やっと始まる」「準備は出来た」「大災害は目前だ」「再び世界の法則は塗り替わる」「この星では幾度となく大災害が繰り返されてきた」「知的生命体が誕生したのも遥か古の大災害の結果」「そして、知的生命たる人間が生まれ、人間たちの集合的無意識は一つの願望を抱くに至る」「それが生命と星の進化の終着点」「すなわち死を望むこと」「生命の進化の果ては絶滅なのよ」「星を太陽に変え全てを滅ぼす」「最後の大災害の原動力は、絶望」と言い放つ。

スミレは「主体的な意思を持った人間なんていない」「時には国家に流され、あるいは宗教に流され」「時代を超え、今は自由に選択していると思っているけれど、結局それを流される対象が遷り変わっただけ」「今の人間たちはTVやネットなどの情報を宗教のように信じている」「そこに存在する流行り物に意思も無く流されている」「SNSに存在する多数の実体なき意見を崇拝し、何も考えず噂や流行りに流される自我無き者共」「さぁ、行きましょうか」「無宗教を謳う人間の多い日本という国は、精神的に芯がない」「集合的無意識が発生しやすく流されやすい」「だから、日本が選ばれた」「伝導者の導きを刷り込み、星を滅ぼす最後の大災害の発信源にちょうどいい国だった」「SNSを少し覗けば流行りにデマに、実体のないブームに流されるモブ人間ばかり」「流行り物に群がるその様は蟲のようだわ」「スマートフォンの画面を覗くたびにここにもいる、ここにも蟲が」「こいつもバカ、これもバカ、これもこれも」「過去の大災害で進化した知的生命体様とはとても思えないわね」「これだけ脳なし蟲のバカ共が増えきったなら準備は完璧ね」「自我無き燃料はふんだんにある」「人類絶滅のため残る大災害はあと二回」「さぁ、始めましょう」「絶滅への大いなる通過点」「この大災害で、炎と人体発火の世界になるでしょう」と言い放つ。

<<前の話 255話 次の話>>

【炎炎ノ消防隊】全話・全巻ネタバレ一覧炎炎ノ消防隊のネタバレ記事をこちらにまとめております。炎炎ノ消防隊の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返し...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。