炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊】254話のネタバレ【大災害の炎の発生源が明らかに】

炎炎ノ消防隊254話のネタバレを掲載しています。254話では、ジョーカーの口から大災害の炎の発生源が人間の絶望であることが明かされる。宇宙空間まで飛ばされ、退屈で地球に戻る気も起きなかったドラゴンだったが、アーサーの目を思い出し地球に帰還していく。炎炎ノ消防隊254話の内容を知りたい方はご覧ください。

炎炎ノ消防隊254話のネタバレ

絶望と希望

ジョーカーが辺りを見渡していた。

ジョーカーは「世界が燃えている」「これは絶望か?」「見えるぞ、バーンズ」「あんたの目を通してアドラの様子が」「世界のルールは把握した」「みんなを突き動かせるのはあの男しかいない」と呟いていく。

火華が「なんだ空のデカい目玉は」「みんなが見ている景色なのか?」「私だけに見えている景色であってくれ」と言うと、「火華大隊長の研究していた事態がこの第5にも起きています」「ドッペルゲンガーです」と伝えられる。

5thエンジェル3が「早く救助を手伝ってくれ」と言われると、「この世界はもう終わりよ」と返し、そこに「そう、じゃあ私が代わりましょう」とドッペルゲンガーに襲われていく。

マキが「前に止めた火災旋風があんなに」と言うと、タマキが「リヒト捜査官、何か手はありませんか!?」と言うが、リヒトは「う〜ん」「この規模の炎、発生元がわからなければ」と返答に困ってしまう。

そこにジョーカーが駆けつけ、「絶望だよ」と伝えていく。

リヒトが「ジョーカー、何かわかったのかい!?」と聞くと、ジョーカーは「今世界を燃やしているのは人間の負の感情」「狂気、受動、無関心、激怒、破滅、恐怖、嫌悪、一括りに人の絶望だ」「伝導者が古代から人類にずっと植えつけてきた太陽の炎に還る宗教観と人類が進化の果てに望む死」「大災害の炎は人類の絶望のイメージをエネルギーにしている」と説明していく。話を聞いたリヒトが「ということは、人の絶望が星を炎上させている」「待ってください、アローさんの話だと白装束はシンラ君の英雄化を恐れていた」「この大災害を起こすのに英雄の存在は邪魔だった?」「つまり、大災害は絶望のイメージが大事」「ジョーカーの言う通り、この炎の燃料は人の絶望」「だとしたら、ショウ団長は希望を捨てるなと言っていた」「こんな事態で暴論かもしれませんが、希望が消化剤になるということ」と説明を続けていく。

ヴァルカンが「希望って確かなのか?」と言うと、リヒトは「僕みたいな科学者がこんなファンタジーみたいなことを言うのもあれですが」「だけど、前時代の人から見れば我々の世界は元からまるで作り話のファンタジーに見えているでしょう」と言い、桜備は「第8はリヒトを信じるぞ」「各隊にこのことを伝えよう」「希望を捨てるな」と言い放つ。

火縄も「桜備大隊長、あなたは人類の光です、我々を導いてください」「どこまでもご一緒します」と伝え、桜備は「ありがとう火縄、いつも頼りにしている」「俺たち第8に絶望は似合わない」と鼓舞していく。



約束の地、第8に

桜備が「ヴァルカン、全部隊に通信を繋いでくれ」と言うと、ジョーカーは「あんたの呼びかけは各隊の力になる」と伝えていく。桜備が「少しでも力になれば」と言うが、ジョーカーは「絶大な力だ」と返していく。

アーサーが「ヴァルカン、いやマーリンよ、すまない」「せっかく真エクスカリバーを打ってもらったのに俺の力が至らないばかりにドラゴンをガッカリさせてしまった」「こんな悔しい気持ちは初めてだ」「ヴァルカン、この俺に知恵を授けてくれ」と言い放つ。

ヴァルカンが「お前のためならなんだってやる」「何をやれってんだ?」と返すと、アーサーは「連れてってくれ、約束の地、第8に」と伝えていく。

ドラゴンは宇宙空間を漂っていた。

ドラゴンが「ずいぶんを地球を離れた」「戻る気も起きんな」「このまま宙を流れるか」「儂も宙に流れる星になるのも悪くない」「何もかもくだらん」と考えていたが、アーサーの目を思い出し「このドラゴンを前に絶望をしないとは」と地球を目指し爆進していく。

<<前の話 254話 次の話>>

【炎炎ノ消防隊】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】炎炎ノ消防隊のネタバレ記事をこちらにまとめております。炎炎ノ消防隊の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返し...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。