炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊】250話のネタバレ【ついに大災害が始まる!?】

炎炎ノ消防隊250話のネタバレを掲載しています。250話では、アーサーがドラゴンの圧倒的強さに絶望してしまう。そして、天照内部でジョヴァンニによって鍵が開錠され、ついに大災害が始まっていく!?炎炎ノ消防隊250話の内容を知りたい方はご覧ください。

炎炎ノ消防隊250話のネタバレ

絶望のアーサー

太陽暦佰九拾八年。前大災害から弐佰伍拾年、そして今。

火縄がカロンに銃を撃ちまくるが、桜備が「火縄、時間がない」と叫ぶ。

アーサーがドラゴンを斬るが、ドラゴンは「ぬるい」とまったくダメージを受けていなかった。

ドラゴンが「所詮こんなものか」と考えながら「必殺の一撃、童は儂に何度振るった?」と聞くと、アーサーは「覚えていない」と答える。ドラゴンは「何度振るおうが無駄と言っておる」「お前がいくら新しい武器を見繕っても、お前がいくら強くなろうとも、何人たりとも儂には勝てぬ」「強者は絶対強者、世の摂理」と言い放ち、アーサーを吹き飛ばしていく。

ドラゴンに「所詮ただの童か、好機を期待しても無駄だ」「運がどこまで儂以外の味方をし、逆風を吹かせようとも儂にはこそばゆいそよ風にすぎんのだ」と言われると、アーサーは「なぜ勝てると思った、この俺がドラゴンに」と感じていた。

大災害が始まる!?

カロンが火縄の銃撃を浴びながら「お前たちの負けだ、第8」「俺たちの勝利が物語っているではないか」「この世のイメージの根源は死だと」「その答えが、大災害だ」と言い放つ。

ドラゴンが「矮小な存在の心なぞ知りたくもないが童の心がわかるぞ」「絶望だ」「絶望を知っては儂の圧の前で立つこともできぬだろう」と言うと、アーサーは「俺はまだ」と言う。

一方、天照内部でDr.ジョヴァンニが鍵を開錠していく。

<<前の話 250話 次の話>>

【炎炎ノ消防隊】全話・全巻ネタバレ一覧炎炎ノ消防隊のネタバレ記事をこちらにまとめております。炎炎ノ消防隊の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返し...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。