炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊】246話のネタバレ【謎の数字の正体がついに明らかに】

炎炎ノ消防隊246話のネタバレを掲載しています。246話では、天照中央部まで進んだヴァルカンたちの前にDr.ジョヴァンニが現れる。そして、ジョヴァンニの口から謎の数字の正体、太陽の正体が明かされる。炎炎ノ消防隊246話の内容を知りたい方はご覧ください。

炎炎ノ消防隊246話のネタバレ

中央部へ

ヴァルカンたちはキーの穴を探しに奥に進んでいた。

リサが「キーが何かはわかってるの?」と聞くと、ヴァルカンは「大災害を起こすスターターなのは間違いなさそうだ」「そして、例の数列」と答える。建物内を見渡したユウが「すごい技術ですね」と言うと、ヴァルカンは「そうだな」「だが見たところこの辺りは発電の補助設備にすぎないだろう」「中華半島の天照のデータを見るに、キーの鍵穴があるのは中央部だ」「ジョーカーからもらったマップだとこの先だ」「この扉の向こう」と言い、扉の前までやって来る。

リサが「電源は入ってないだろ?」「こんな大きい扉どうやって開くんだ?」と聞くと、ヴァルカンはユウにウルトラ外付けバッテリーを出させ、バッテリーを使って扉を開いていく。

そして、背後からDr.ジョヴァンニが現れる。

謎の数字の正体

ヴァルカンが「入り口は皆が守ってる、どこから入りやがった」と言うと、ジョヴァンニは「蟲はどこからでもいつの間にか入ってくるあろう?」と返す。ヴァルカンが戦う姿勢を見せると、ユウが「う」と胸を押さえるので、ヴァルカンが「大丈夫かユウ」と心配する。すると、ユウは「はいッ、感謝しているんですッ」「あの時助けてくれたヴァルカン・リサさんはもちろん、シンラさんにアーサーさん、シスターさん、保護してくれた第8の皆さん」「僕は皆のお陰で生きているんだって確かめられてッ」「術を施してくれたお医者様も、看護師の皆さんも、この世はなんて愛に溢れているんだって」「そのことに再度気がつけたのはあの生死をさまよう怪我があったからッ」「ありがとうございますジョヴァンニさん、僕を撃ってくれてありがとうッ」と感謝していく。

ジョヴァンニが「感謝したいのはこちらの方だ」「二佰伍拾年大事に保管していてくれて」「我々の天照のキーをな」と言うと、ヴァルカンは「そいつは俺の先祖のキーだ」と返す。ジョヴァンニが「ならばこれが何か知っているのか!?」と聞くと、ヴァルカンは「中身の見当はついてる」「円周率だろ」と答える。

ジョヴァンニが「いかにも」「円周率は伝導者が古代に仕込んだ滅びの呪文」

「人類はその滅びの呪文を唱え続けてきた」「そして滅びのイメージが確率した今、円周率は解き終わった」と言うが、ヴァルカンは「円周率が解けたって?」「馬鹿野郎、円周率は無限に続くんだよ、解ける訳ない」と返す。ジョヴァンニが「それは前の大災害が起きる以前の話だ」「見なかったか?夜空に浮かぶ月や星を」

「今やこの世界の物理法則は変わったのだ」「前の大災害で人体発火がメジャー化したように、円周率も解けるようになったのだ」「円周率が解けた今、人類は進化の終点にようやくたどり着こうとしている」「生物の進化の終点は滅亡だという学説があるがあれは正しい」「人類は進化の先の滅亡を目指し、「死への願望」をイメージしてきた」「このイメージが大災害でありゴールである」と言うと、ヴァルカンは「ふざけるな、そんなカルト」と返す。ジョヴァンニは「ふふふ、カルトだって?」「その貴様の言うカルトも宗教も原点は同じ」「誰が人類に与えたか知っているだろう」と言うと、ヴァルカンは「全部伝導者だっていうのか!?」と返す。ジョヴァンニが「伝導者は人類の深層心理に終末を植え付けた」「太陽崇拝を植え付け、絶滅のイメージをしやすくな」「炎に還るため、太陽に還るために」と言うと、ヴァルカンは「なんで太陽が、死ぬことと太陽になんの関係がある!?」と返す。そして、ジョヴァンニは「ふふふ、この地球は二つ目なのだ」「今空に浮かぶ太陽は、はるか昔大災害で生まれたものだからな」と説明する。

<<前の話 246話 次の話>>

【炎炎ノ消防隊】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】炎炎ノ消防隊のネタバレ記事をこちらにまとめております。炎炎ノ消防隊の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み返し...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。